大人の初心者向けのオンラインピアノ教室。独学の方や教室を始められたばかりの先生方へも

noteで、初心者向けの基礎教材【基本のき】を販売しました。

おすすめの譜読みの仕方

Chizuyo
WRITER
 
音階表 NO1

【大人の初心者ピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com
【子どものピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com/child/
教室facebookページ:https://www.facebook.com/chizuyo.piano/
教室Twitterhttps://twitter.com/tounpipi

【大人の初心者ピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com
【子どものピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com/child/
教室facebookページ:https://www.facebook.com/chizuyo.piano/
教室Twitterhttps://twitter.com/tounpipi

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】いのうえちづよです。

譜読みは、おすすめの仕方が、あるんです。
それがわかると、後は、普通に継続するだけです。

そんなに長い期間ではないので、取り組んでみて下さい。

今日はその仕方について書きます。

おすすめの譜読みの仕方

譜読みは、継続して、短い曲を読み続けるとすぐに覚えられます。

おすすめの仕方は、

・音の首飾りを覚える
・場所で読んでいく
・数えない
・最初は、左右別々でもいい

順番にご説明しますね。

 

音の首飾りを覚える

子どもの教室レッスンで、こういうのを使っています。

音の首飾りです。

音の首飾り ファから

音の首飾り ファから

 

 

ドレミ・・・って、必ず、ドからいいますよね。
これ、他の音から言い始めてみて下さい。

例えば、ラから。
例えば、ファから。

どうですか?

言えます?

 

これが言えるように成ると、前後左右の音から、瞬時に音がわかるようになります。
譜読みがしやすくなりますよ。

 

 

数えない

前の音の首飾りにも共通することですが、ドレミの順番を覚えていますか?

ドの1つ上は、レ。
1つ下は、シ。

という順番です。

譜読みをする時、必ず、ドから数えていかないと、言葉がでてこないという方、まずは、徹底的に、ドレミを覚え尽くして下さい。

①楽譜を見て、②音を読んで、③リズムを読んで、④指を動かす

という1連の作業をしないといけないのに、ドレミの順番まで考えていたら、それは、本当に面倒くさくなるのもわかります。

カードなどを作って、暇さえあれば、並べ変えてみる、というのもおすすめです。

場所で読む

次は、音がある場所で、音を読むっていうことです。

音符の玉を読むこと(=譜読み)は、階名を書かないほうが良いと書きました↓

これは、書かずに、読んでいく時も一緒です。

場所で読むとは、ここにある音は、必ず、ここにある音は必ずファと場所で読んでいきます。

やりかた

①音符を書いた音階表を作ります。

音階表 NO1

音階表 NO1

 

 

②楽譜で音の場所を確認

譜読み 楽譜で確認

譜読み 楽譜で確認

この音は、五線紙の更に下にある音・・

さくらさん

 

 

③自分で書いた、音階表で、ドレミを確認。

音階表 NO2

音階表 NO2

 

この音は、ドの音ね。

さくらさん

 

 

最初は、長い楽譜でするのは、少し手間なので、4〜8小節ぐらいの音数の少ない楽譜を利用して下さい。

最初は、左右別々でもいい

初見で、どんどん弾いていく時は、両手で譜読みが出来ると、楽です。

でも、それは、最終的に到達するラインです。

最初から無理する必要はありません。
①右手から読んで、
②左手を読んで、
③両手で読んで、

とだんだんと進めていきましょう。

何でもそうですね。
水泳をするにも、最初は、水に顔をつけるというのから始めますよね。
そして、水のかきかたを学んで、足のバタ足・・。

(すみません、あまり詳しくありません。^^;)

一度には、しませんね。

まとめ

楽譜を読むには、曲の楽譜以外に、別に教材を準備するほうが良いと思っています。

 

更に譜読みをする時は、おすすめの方法があるので、今日は書いてみました。

 

譜読みにあまりに苦手意識をもたないでくださいね。

苦手〜と思うと、苦手になっていきますからね。

 

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.