かごしま市たまざと団地のピアノ教室。初心者大歓迎!教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

ブライダルミッション!とっておきの一曲を大切なあの方へ

ペダルを半分踏むという事

Chizuyo Inoue
WRITER
 
ジュゲムブログTOP
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『大人のピアノ教室』、いのうえです。

ピアノのペダルは、音を出して、踏む。

出して踏む、でしたね。

今日は、ペダルを半分踏むという事について一つだけ理屈を書きます。

弦を弾いた事あります?
はじくという方がいいでしょうか?

ちょっと想像してみて下さい。

コントラバスのような大きい太い長い弦を指で、強い力ではじいた(弾いた)としましょう。

弦は、振動してブルブルブルブル震えていますね~。

それを、『えいっ』ときっちり止めるためには、しっかりと指で押さえますよね。

所が、指先で、そっと弦を押さえると微かな振動がまだ収まらずに、手に伝わって来ますよね。

ピアノは、ピアノ線が、演奏する事によって、ハンマーで叩かれて、振動する事で音が出ています。

でも、普段は、線1本1本にフェルトが巻き付けられていて、(構造的には)音は、あまり響きません。

いつまでも、鳴り続ける事はありませんよね~。

その消音作用のある、フェルト(道具)をペダルを踏む事によって、取り去る事で、響きを豊かにしています。

まずは、ここまでが、普通に踏んだ場合の理屈ですね~。

次に、半分踏むとどういう事が起こっているかというと、しっかりと響きを解放するのでは無くて、未だ、少し響いているという状態にするという事なんです。

そっと弦を押さえた状態ですね。

なので、奏法の一つですから、その場所で、そんな音が欲しい時、使います。

一般の演奏ではあまり使いませんが、クラシックの演奏では、突き詰めていくとそんな音が欲しい場合も出てくるわけです。

そんな時、頼りになるのは、やはり耳。

微妙な響きが続いている音が欲しい時には、自分がどれぐらい踏めば、微妙な響きが出るのかを普段の演奏で、しっかりと把握しておく必要があるんです。

これ、楽器によっても変わるでしょうし、レッスンで求められる場合があると思うので、レッスンの時の楽器に合わせないといけないですよね~。

うーん、ちょっと難しいですね~。

これは、出来ないからといって、色々と苦悩する必要はない!と思います。

耳が出来てきて、レッスンでの楽器に慣れてくると、出来ちゃったりする場合があるからです。
半分のペダルとは、こんな事なんだなとわかっておいて頂けるとやりやすくなりますよね。

楽器のせいにしたり、初心者だから無理、では無くて、理屈がこうなら、こんな風に練習してみようと考えてみるとっかかりにして頂けると嬉しいです。

 

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

応援コンテンツTOP画像

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

★ぴぴピアノ教室【大人の教室】
体験レッスンのお申し込みは、こちらから↓

お電話はこちらから↓
 090-1167-1759(10:00-19:00)
レッスン中は、電話に出られません。
ごめんなさい。メッセージを送信して頂けると助かります

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です