かごしま市たまざと団地のピアノ教室。初心者大歓迎!教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

ブライダルミッション!とっておきの一曲を大切なあの方へ

曲の最後の音

Chizuyo Inoue
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

曲の最後の音は、
しっかり音をよく聴いて
おろそかにならないようにする。
というのが大切なんです。
私も、最後の音が荒いとよく言われていたのですが、
なにせ、この切り方がよくわからなくて^^;

その曲が、
ちょっと激しい感じの曲だった場合、
いきなり手を鍵盤から持ち上げて
演奏を終了する
のもありです。
プロコフィエフの

戦争ソナタ第7番3楽章なんか

この切り方が映えるかも( *´艸`)(←ただの個人の趣味です(^^;))
これは、勢いがあって、
走り抜ける感じで終わる感じに
音が切れます。
反対に、
エリーゼのためになどのラストは、
最後の音は、
激しくないですし、
たっぷりとって終わりたいですから、
こういう場合の音の切り方は、
ギリギリまで、鍵盤と離れずに
粘ります。^^;
音は切りたいので、
それに向かって準備はしますよ。
音を伸ばしている間、
指先以外の場所は、動かします。

鍵盤に指先をくっつけた状態で、
少しずつ手首を上げていって、
伸ばしたい音の長さが終わったら
静かに指先を鍵盤から離します。
この方法だと、
音が優しく切れるんです。
1つの方法ですが、
もしうまく切れない方がいらっしゃったら、
試してみてくださいね。
今日もお読みくださってありがとうございました。
また、あす。

 

鹿児島市玉里団地ぴぴピアノ教室【大人の教室】
体験レッスンのお申し込みは、こちらから↓

 

 お電話はこちらから↓
 090-1167-1759(10:00-19:00)
レッスン中は、電話に出られません。
ごめんなさい。メッセージを送信して頂けると助かります

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら