かごしま市たまざと団地。初心者さん大歓迎!独学ノウハウもあるよ

ブライダルミッション!とっておきの一曲を大切なあの方へ

指使いを考える時

Chizuyo Inoue
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

指使いを考える時、
まず、初めてピアノに触る時、
本当なら鍵盤にたくさん触れて、
鍵盤の並び、
位置確認がしっかりと出来て、
把握出来ていると、
手取り足取りの指使いって
あまり必要ないと考えているのですが、
最初は、
音もわからず、
鍵盤の並びも無意識にわかっている状態ではない時に
指使いを自分で考えるのは、
少し難しいかもしれません。
指は、5本しかなく、
鍵盤は、88鍵ありますから、
うまく指使いを考えないと
小指だけで…とか
人差し指だけで
などになってしまいますよね~。
もちろん、
これだけでも、
音が鳴ればいいと思います。
いいとは、思うのですが、
ぶつぶつ…
と音が切れたような演奏になっちゃいますよね~。
『音楽的に演奏する』
を目指すのなら、
指使いをきちんと考えて、
指で無意識に動かせるまで練習し、
そして、1回1回指使いを変える事が無いようにする。
これが大切ですね~。
指使いを疎かにすると
滑らか演奏に結びつかないですよ~。
今日もお読みくださってありがとうございました。
今日は、私事で、
投稿が遅くなりました。
また、あす。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴピアノ教室【大人のピアノ教室】 , 2016 All Rights Reserved.