かごしま市たまざと団地のピアノ教室。初心者大歓迎!教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

ブライダルミッション!とっておきの一曲を大切なあの方へ

しなやかな指を作る

Chizuyo Inoue
WRITER
 
ジュゲムブログTOP
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

昔のロボットって、
カクカク動きが主流でしたよね。
今じゃ、滑らかに動いています。
ピアノの演奏も
ぎこちない音を出される方、
指が、すごく硬いです。
動きもぎこちないです。
滑らかな音を
スムーズに出す為には、
指自体も、
滑らかに動かす必要があります。
音だけに限りません。

普通のダンスなどもそうですよね~。
ブレイクダンスというのもありますが、
あれは、あの動きが、
本来のものですから、

クラシカルバレーや
ハワイアンなどは、

動きが繋がっていないと、
滑らかに見えません。
音楽もいっしょ。
滑らかに演奏する為に
少し準備をしましょう。
演奏自体は、耳で聴きながら
音が繋がるように弾くようにしますよね。

演奏する指も
柔らかくします。
前もって、
指と指の間を広げたり、
(無理は禁物)
手首を柔らかくする為に
ぶらぶらと前後に降ります。
スポーツとは違うので、
ただ、降ればいいというものではなく、
右手は、左手で握って、
左手は、右手で握って、
お互いに丁寧にしてください。
この一手間で、
指が、手が、
痛まずに、
また、いろいろな動きを思い出してくれます。
習い始めの方は、
特にしっかりする事を

おすすめします。

 

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

また、あす。

 

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

応援コンテンツTOP画像

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら