かごしま市たまざと団地。初心者さん大歓迎!独学ノウハウもあるよ

ブライダルミッション!とっておきの一曲を大切なあの方へ

低音部に手伝ってもらって高音部の演奏に活かす

Chizuyo Inoue
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

 

ピアノは、

打鍵後、(鍵盤を叩いた後)
音は、段々小さくなって行くだけで、
鍵盤を押さえているからといって、
音が大きくなる事はありませんね。
そこで、
よくあるこんな楽譜

 

1番の高音部のメロディを響かせたい時、
ただ、単に上の音を強く弾く
と言うだけでは、
硬質な感じの音が強く響くだけで、
クレッシェンドなどは、
うまく響かせる事が難しい。

 

また、音も同じ音なので、

益々テクニックが必要になっちゃいます。

 

こんな時は、

コツです。(^_-)-☆
方法として、
下の音に手伝ってもらう
と言う方法を取る事が出来ます。

 

白で囲った部分を

Pからクレッシェンドをかけて

だんだん大きく演奏すると

 

ああらふしぎ・・

上のメロディが

段々と大きくなったように聴こえるのです!
下の音で音を膨らませる事によって
メロディの部分が

段々と大きくなって行くように
感じ取らせるのです。
メロディ部分を強く弾く
と言うテクニックも
必要ですが、

それも限界があるし、
低音部をそれ以上小さくするのも
難しいと言う場合に
お試しください。
今日もお読みくださってありがとうございました。
また、あす。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴピアノ教室【大人のピアノ教室】 , 2016 All Rights Reserved.