かごしま市たまざと団地のピアノ教室。初心者大歓迎!教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

ブライダルミッション!とっておきの一曲を大切なあの方へ

規則正しい演奏ではあるのですが・・・。

Chizuyo Inoue
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

 

 

曲の演奏をする時、

正確なリズム

とか

早くなったり遅くなったりしない

とか

いわゆる規則正しい演奏をする

というのが本当のところです。

 

でも、

実際に演奏には、

曲の揺らぎなるものが存在して、

テンポが微妙に揺れる事が

多々ありますよね~。

 

クラシックでは多いです。

 

音楽での揺らぎは、

坂道をボールが転がって行くようなもので、

急な傾斜のところでは、

早くなり、

緩やかなところでは遅くなり、

平坦地では、

一定の速さで、

という事になって、

いきなり早い速度で、

 

例えば、

曲の途中で、

いきなり、

4分音符=80から4分音符=120になったり

なんて事はないです。

(作曲家が、その事について

要求している場合はあるのですが、

そんな場合は、

それなりの表記がしてあります。)

 

こんなになる時は、

一般に、弾ける所は早く演奏してしまって

弾けない所、まだつまずく所は、

ゆっくり演奏

という場合が多いです。

 

『規則性はあるけど、

繋ぎが肝心』

『揺らぎはあるけど、

緩急にでは無い』

という事でしょうか。

 

う~ん、

ちょっと難しい表現になっちゃいました

 

今日もお読みくださって ありがとうございました。

 

また、あす。

 

鹿児島市玉里団地ぴぴピアノ教室【大人の教室】
体験レッスンのお申し込みは、こちらから↓

 

 お電話はこちらから↓
 090-1167-1759(10:00-19:00)
レッスン中は、電話に出られません。
ごめんなさい。メッセージを送信して頂けると助かります

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら