かごしま市たまざと団地のピアノ教室。初心者大歓迎!教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

ブライダルミッション!とっておきの一曲を大切なあの方へ

和音を演奏する時は、 手のひらの方へ向かって押さえつけない。

Chizuyo Inoue
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

今日は、すっかり遅くなってしまいました。

 

今日は、和音を演奏する時は、

手首側に引かない、引っ張らない、です。

今日はこの事について書いてみます。

 

力の向き

 

引かないとは、引っ張らない

という事なんですけど、

和音が難しいと言われる方は、

こんな弾き方の方が多いです。

 

打鍵した瞬間に、掌の方へ力が向かっている方です。

 

これは、ちがう。

 

間違いです。

 

 

力は、指先の方へ向けます。

 

指と言うのは、それぞれ長さが違います。

 

それを同じ高さから打鍵したら、同じように力を入れる事が出来ません。

 

たわし、ってご存じですか?

あれを使う時、掌で押さえて、たわしの全面でこするととげとげが曲がっている部分と立っている部分とあって、うまく擦れる所とうまく擦れないところと出てきます。

 

歯ブラシも一緒です。

 

力を入れてこすると、ブラシの部分が、寝てしまうので、ゴシゴシ音はしても実際に歯磨きは上手く行っていないという事があります。

 

歯磨きしっかりできていますか?
私などは、歯の表面を削らない様にって言われちゃいました。

 

 

おっと、すみません。

 

このように、手の指がブラシのとげとげ1本1本だとすると、鍵盤で演奏する時も全く一緒の事が起きて、全ての指に力を入れる事が出来ないんです。

 

和音って、難しそう・・・。

はなちゃん

 

そうなっちゃいますね~

 

ところが、これを一発で直す方法は、力の向きを変えるだけです。

 

本当にそれだけなんです!

 

力の向きを変えるだけなんです。

 

これが難しく感じる人は、普段から力の入れ方が間違っている人です。

 

指先ではなくて、掌の下の方へ力が向かっている人です。

この人は、手の構えた位置も低いはず。

 

カニが構えたような高さになっているはずです。

指の付け根が、甲羅から上に向かっているはず。

 

本来これはあり得ません。

手の自然な形じゃないですから。

 

指の付け根は、手から自然に下に垂れています。

 

自分の演奏フォーム見直してみてください。

 

この状態で上手に弾くなんて、はっきり言って無理です。

 

この形で固まってしまうと直せません。

はっきり言ってしまうと本当に直せないんです。

 

本人が意識して、かなりしっかりと直すぞ~と思わないと。

 

そのままでいいじゃん。

 

そうですね、でも、早く動かしたりするのは難しいです。

 

これは、最初がものすごく肝心です。

 

まとめ

 

指先側に押し込むように演奏してみましょう。

 

スタッカートの場合でも、

手首を一定の高さに保ったまま

指先を

弾ませるように、演奏します。

 

手首側に引っ張らないように

してみてくださいね。

 

引っ張ると

力が分散してしまって

ばらつきが出て

演奏しにくいと思います。

 

 

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

また、あす。

 

鹿児島市玉里団地ぴぴピアノ教室【大人の教室】
体験レッスンのお申し込みは、こちらから↓

 

 お電話はこちらから↓
 090-1167-1759(10:00-19:00)
レッスン中は、電話に出られません。
ごめんなさい。メッセージを送信して頂けると助かります

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら