かごしま市たまざと団地。初心者さん大歓迎!独学ノウハウもあるよ

ブライダルミッション!とっておきの一曲を大切なあの方へ

短い音符の長さも、疎かにせずたっぷり長さ分伸ばす。

Chizuyo Inoue
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

 

音楽が遅れて行く理由として
こんな時の演奏にも関係あります。

この画像の場合は、
16分音符の前に、
16分音符分の長さが

3つ有るんですね~。

先ずは、この16分音符(分×3の長さを
しっかりと把握して演奏します。
出来るようになったら、
だいたいこれぐら~い
と感覚で捉えてもいいです。
次に短い音符だからといって、
疎かにしてはいけないですね。
言葉で例えると
この最初の音は、
『あたし』の『あ』の部分。
『あ』をちょろっと声に出して
次に『たし』とはっきり言ってみてください。
言葉の意味が伝わりやすい言葉ではあるので、
意味はわかるとは思いますが、
『…たし』と聞こえるので、^^;
『はて…?』となります。
これと一緒で、
16分音符と言えども
持っている長さをしっかりと保って演奏しますよ。
今日もお読みくださってありがとうございました。
また、あす。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴピアノ教室【大人のピアノ教室】 , 2017 All Rights Reserved.