かごしま市たまざと団地。初心者さん大歓迎!独学ノウハウもあるよ

ブライダルミッション!とっておきの一曲を大切なあの方へ

ペダルを使っていないのに音が重なるように聴こえる時

Chizuyo Inoue
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

ペダルを使っていないのに音が重なる時
ある意味、
一つの奏法…?
とも思いますが、

お悩みの方もいらっしゃるみたいなので、

ちょっと書いてみますね。

鍵盤って1本1本の指で演奏(打鍵)しています。

時にこれが手首から(手全体)を
下に引っ張って演奏する感じの方がいます。

これが原因で、指が自由に動かせず
全部の音が重なって聴こえて来るようです。

 

一つの音を打鍵後、

次の音をさらに打鍵する際に、

前に弾いた指が鍵盤から離れていないといけないです。

 

バッハのインヴェンションのように、

2声・3声とあって、

音の長さによって

重なるように演奏するのとは違いますね。

 

この様な状態になる時って

ご本人が気づいていない事も多いので、

ご自分の音を良く聴く

という事は、

やっぱり必要だと思います。

 

この場合の対処法は、

やはり手首の位置を

鍵盤と水平ぐらいになるように持ち上げる

という事だと思います。

 

くどいですが、

演奏中に、

必要な音色を出す為に、

手首が下がる瞬間というのは

あります。

 

でも、すぐに元の位置へ戻しますよ~。

手首の位置、

見直してみて下さいね。

 

 

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

また、あす。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴピアノ教室【大人のピアノ教室】 , 2017 All Rights Reserved.