かんたん!コード弾き/演奏フォームは大切!

ピアノの演奏フォームを正すには、指の骨の位置を意識する。

WRITER
 
ピアノを弾く手の形の画像
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴ オンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】、いのうえちづよです。

今日は、
【ピアニストならだれでも知っておきたいからだのこと】
という本に載っている事を交えながら、打鍵について書いてみます。

ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のことの本の表紙

 

指の骨は、手首から伸びている

この本の中に、手の骨の事が載っていて、

指の骨は、水かきの所から出ているわけでは無くて、手首の所から、関節から伸びている

と書いてありました。

手の骨の形 印付き 画像

手の骨の形 印付き 画像

ちょっと気持ち悪い方、ごめんなさい。手の骨の画像です。

 

水かきって言うと、指と指の間の皮の部分、指の付け根の所ですよね。

 

手首の所にも、複雑な骨があります。

名前は、きちんとしたものが付いていますが、敢えて、骨と呼んでみますね。

演奏する時は、それをイメージするといいです。

 

正しい指の使い方をイメージする

例えば、親指。

親指は、手首の付け根の近くから骨が伸びていますから、それを意識しましょう。

 

水かきの所からと考えると、人差し指と親指の間が広がりません。
演奏する時に凄くくっついたままの人がいます。

良くない打鍵の用紙画像

良くない打鍵の画像

 

結果、広がらない親指で鍵盤を叩こうとして、手首全体が下がります。

すると、手の重さがかかって来るので、その音だけ大きくなるんです。

そこまで綺麗な粒が揃った音で演奏されてきたのに、そこだけ、どーんと大きな音

 

なので、手首からの骨をイメージして、人差し指と親指の間は広がる、というイメージを持ちます。

良い打鍵の形の画像

 

 

自分で演奏しながら、自分の手を見るのは難しいです。

手鏡を使ったり、動画を撮ってみましょう。その場で確認です。

演奏者は、上から見ているので、よくわからない事が多いので、この方法をお勧めします。

 

まとめ

理屈ではわかっていてもなかなか直せない事もあると思います。

その時に、練習ではなくて、手の構造などについて見直してみると出来る事もあります。

試してみてくださいね。

 

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

 

大人のピアノ学習者さんを応援するための

無料メルマガ

無料メルマガ画像

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 大人初心者さんの為のピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.