かんたん!コード奏/演奏フォームは大切!/保育士・教員専門

保育士・教員の方へ。譜読みが苦手でも、短い時間でピアノが弾けるようになる方法があります!

ピアノの演奏にも、柔軟・ストレッチ。

Chizuyo
WRITER
 
4の指
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴオンラインピアノ教室【大人の初心者ピアノ教室】、いのうえちづよです。

新体操の選手は、体が柔らかいですよね。
普段から、ストレッチをしたりその部分の屈伸運動をしたりして、常に体が動くように準備しているからですよね。

ピアノの演奏にも、柔軟・ストレッチ。

ストレッチの記事は、良く書いていますが、それだけお得で、結果が出やすい方法なんです。

ピアノを弾く時も、ゆびくぐり指ごえなどの動きをする時、最初は、あまり動かないと思います。

本当は、指周りだけでその動きを素早くしないといけないのですが、最初は、難しいので、腕ごと上に上がってしまったり、(;´∀`)
変な動きが加わったりする事がありますね。

それは、やはり動き慣れていないから。

これは誰でもあります。

良くピアノを弾いている人でも、弾かない期間が長いと、指が固まった様になってしまって、動きにくいです。

ピアノも演奏前には、ストレッチなどをするととってもいいです。

ピアノを弾くという動きは、初めての人にとっては、経験した事の無い動きですよね。

これは、何でも一緒です。
した事の無い動きは、慣れるまでがちょっと難しいので、まずは、その動きがしやすいように準備しましょう。

 

4の指を作ってみたり。

 

4の指

4の指

 

手首を上げ下げしたり。
(この動き、意外と皆さん出来ません。出来ているつもりでも、動きが固いです。)

他に、ぐー、パーの動きをしたり。

 

この方上手いなあ、と思う方は、指の動き手首の動きがすごく柔軟ですね~。

音の演奏の為には、指や手首、腕や体の細部に至るまでの動きが必要で、柔らかい音は、柔らかい動きからじゃないと出て来ません。

まずは、柔軟でほぐして下さい。

それから、鍵盤に向かうことをオススメします。

 

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2016 All Rights Reserved.