大人の初心者さんのためのピアノ教室///演奏フォームも大切!

早い速度で弾けるようにする為に、急がば回れな事

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴオンラインピアノ教室、いのうえちづよです。

テクニックやストレッチ練習をすれば、曲を早く弾けるっていうのはわかるんですけど、でも、なんとなくしても無理なような気がして・・。

さくらさん

ピアノを弾くためには、ピアノ独特な指の動きに慣れることなんです。そのために、テクニックの本を使いますね。

早い速度で弾けるようにする為に、急がば回れな事

早い速度で弾けるようにするには、回り道だけど、結局は、近道になる事ってあって、

 

回り道だけど近道なこと・・・

ネコ太郎

例えば、
サッカー選手が、ランニングをしたり、パスの練習やシュートの練習をするのは、
パスが上手にできないと、試合では、他の仲間の選手とボールを繋ぐことが出来ないし、シュートの練習をして、いざという時にシュートが出来るようにしておくことが、結局は、点を取ることに繋がる

ということと一緒です。

好きな曲を練習する事は、モチベーションのためには、必要な事と考えます。

ただし、曲を弾く事には、指が動くようになったほうがいいです。

そこで、基礎の練習をコツコツする事が、一番の近道です。

テクニックの本の練習をするほうがいい、ということでしょうか?

しゅうさん

指の練習のために使うもの

必ずしも、教本を使う必要はありません。
もし、それを使うことで、辛くなるようなら、教本を使った練習を必ずしもする必要はありません。

教室のレッスンでは、基本使っていないです。

生徒さんによっては、ご自分で、購入されて、お勉強される方もいらっしゃいますが、基本的におすすめしていません。

 

あたしのおばあちゃんもピアノを習っているよ。でも、テクニックの練習が大変なんだって。

はなちゃん

指の練習のために、テクニックの本を使うことは、大変に素晴らしいことです。
上達の度合いが違いますよね。

ピアニストの方も通って来られた、正規の道ですから。

 

目標は、きちんと弾けるようにすることではありません

テクニック本は、しっかりと弾ける必要はありません。
実際にテクニック本の中の曲を弾いたとしたら、最初は、ものすごく難しく感じるかもしれません。
慣れない動きをしますから。

でもね、2回目は、1回目より弾きやすくなっているはずなんです。
さらに、3回目は、より一層弾けるはずです。

 

早い速度で弾けるという事は、

指が力を抜いた状態で、うまくさばける
という事。

つまり、指を思いの幅に広げたり、くぐり指をしたり、指ごえをしたり、
等と言った動きが、速い速度で出来るようになるという事ですよね。

なので、急がば回れなことは、コツコツ練習です。

ストレッチだったり、指超えなどの簡単な基礎練習を繰り返すことです。

大したことではないけど、とても大切なことです。

まとめ

曲の練習のためには、【弾きたい曲】の練習が出来るといいですね。

でもね、ちょっとしたテクニックの練習で、弾きたい曲の仕上がりが、アップするので、できれば簡単なものから始めてみて下さいね。

弾き安さにも繋がりますよ。

 

大人のピアノ学習者さんを応援するための

無料メルマガ

無料メルマガ画像

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© かんたん!ピアノコード弾き , 2016 All Rights Reserved.