大人の初心者向けのオンラインピアノ教室。独学の方や教室を始められたばかりの先生方へも

noteで、初心者向けの基礎教材【基本のき】を販売しました。

ピアノのコードの覚え方

Chizuyo
WRITER
 
ブログ記事画像TOP

【大人の初心者ピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com
【子どものピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com/child/
教室facebookページ:https://www.facebook.com/chizuyo.piano/
教室Twitterhttps://twitter.com/tounpipi

【大人の初心者ピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com
【子どものピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com/child/
教室facebookページ:https://www.facebook.com/chizuyo.piano/
教室Twitterhttps://twitter.com/tounpipi

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】いのうえちづよです。

私がコードと出会ったのは、中学校の先生になった時です。

1回目は、学生の頃で、その時は何じゃこりゃ、全くわからんと思って断念しました。

中学校の先生になった時の覚え方は、ひたすら弾く、でした。

ピアノのコードの覚え方

コードの覚え方は、基本の音を軸に、どんどん演奏していくことで覚えられます。

 

まずは、以下の表のコード読みのアルファベット、7つ、
A・B・ C・ D・ E・ F・ G だけ、覚えて下さい。

音の読み方

音の読み方

 

②両手で、コードを弾く場合

右手の親指で、そのコードの、中の音を捉える

左手の小指で、コードの根音を捉える

この場合は、右手で弾く音は、1個でも良いので、例えば、Cコードの中のミだけ弾く、でも良いんです。

左手は根音を弾きます。Cコードだったら、小指で、ド を押さえます。

 

この方法で、曲に出てくるコードを、拍に合わせて、どんどん押さえましょう。

Cだから、ド
Dだから、レ
Fだから、ファ・・・

さくらさん

 

演奏する時は、和音の中の、全ての音を押さえる必要は無くて、さらに、覚えてから・・じゃなくてもいいです。

 

私が学生の頃に挫折した時というのは、エレクトーンの体験に行ったんです。
そしたら、鍵盤を押さえすれば、自動で演奏してくれるから、押さえる指の型を覚えましょう・・という内容でした。

今なら、その方法もありだな、というのがわかります。
その時は、音楽に全く関係のない活動だな、とそれが、嫌、という理由でした。

 

で、断念。

 

結論として、最初から全て覚える必要はないです。
どんどん、弾きながら覚えるというのが一番、効率がいいです。

 

・耳を使う。音のハーモニーがわかる

・指を使う。練習にもなるので、一石二鳥です。

気をつけるのは、この2つだけです。

 

耳を使う

まず、気をつける事の1つ目は、耳を使う事です。

音楽というのは、ハーモニーなんですね。

たくさんの音が重なり合って、素敵な響きを作っています。
その音に、無頓着では、きれいな音楽は作れません。

なので、ふさわしい和音がどれなのか、その場に、どの音を使おうか、自分で考えるためには、耳を使う必要があります。

 

初心者だから・・
これは、ちょっと違いますね。

音楽は巷に、溢れています。
スマホもあります。
音楽を聴く機会というのは、溢れかえっていますよね。

たくさんの音を、音楽を聴いて下さい。
きれいな響きが、自分でもわかるように成ると、ふさわしい和音の音が、わかるようになります。

 

指を使う

ピアノの演奏は、指を広げたりすぼめたり蛇腹のように手を動かしながら、弾きます。

ストレッチ

ストレッチ

 

指が固まったままでは、自由にいろんな音を押さえることが出来ません。

 

和音を、例えば、基本形を押さえる時というのは、そんなに指が開きません。

閉じた指

閉じた指

押さえたい音を押さえる時、指が、縮こまったままでは、いろいろな音を押さえることが出来ませんよね。

なので、押さえたい音を、押さえながら、ストレッチです。
これが、指を使うってことですね。

開いた指がこちらです

ブログ記事画像TOP

開いた指

 

 

そして、和音を押さえるためには、演奏のフォームも見直して欲しいので、こちらの記事です↓

これで、必要な音を、きれいに押さえる事が、出来ます。

 

まとめ

コードの覚え方は色々ありますが、今までやってきて、一番効果の合った方法はこれです。
試してみてくださいね。

今日もお読みくださってありがとうございました。

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.