かんたん!コード奏/演奏フォームは大切!/保育士・教員専門

保育士・教員の方へ。譜読みが苦手でも、短い時間でピアノが弾けるようになる方法があります!

グランドピアノとキーボードでのレッスンは基本的には一緒。できないことはこんな事です。

Chizuyo
WRITER
 
うっとりした女性のイラスト
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴ オンラインピアノ教室【大人の初心者ピアノ教室】、いのうえちづよです。

最近、エレクトーンの演奏を聴く機会があって、とても素敵だなあ・・と思いました。

そこで気づいた事は、鍵盤の押さえかた。
ピアノとは全く違っていました。

今日は、鍵盤の押さえかたについてお伝えしたい事を交えながら、楽器によるレッスンの違いを書きます。

キーボードなんだけど、レッスンはどんな感じになるの?上達するの?

という方に向けて書きます。

グランドピアノとキーボードでのレッスンは基本的には一緒。出来ない事は、こんな事です。

ピアノのレッスンは、基本的に、楽譜に書かれている音を、鍵盤で演奏する術を教えます。

それに因んで、

・リズムや指遣いなどのテクニック

・理論

なども扱います。

これは、お持ちの楽器の種類には、関係ありません

どんな鍵盤楽器でも、レッスンできる内容だからです。

 

これ以外で、レッスン出来る事は、楽器に因って、変わってきます。

・音量に関する事

・音色に関する事

・レッスンでの違い

順番にご説明致しますね。

音量に関する事

ピアノは、打鍵後に、ぐっと指先に力を入れる事で、音量を変える・・という事は出来ません

もちろん、電子ピアノ等のように、ピアノを模して、作られている楽器でもそうですよね。

楽器に寄っては、この事ができるものが有るんですね。

ただし、元々の音の大きさを考えると、ピアノは、元々の大きさを変える事は、出来ません。

音量は決まっていますからね。

電子楽器は、ツマミで、音量を変えられますし、ヘッドホンを使えば、音を出なくする事が出来ます。

・ピアノは元々の音量が決まっている

・電子楽器は、元々の音量を変えられる

楽器に寄って、出来る物と出来ない物が有るという一つですね。

 

音色に関する事

次に、ピアノという楽器は、打鍵の仕方で、音色を変える事ができます。

100人いれば、100通りの音色が出せます。

テクニックを磨けば、プレイヤーが欲しい音色を、演奏で出せます。

 

電子楽器は、演奏者の直接のテクニックではなくて、もともと内蔵されている音色が、打鍵の仕方で、楽器から聴こえてくるという、構造になっています。

なので、音色といえば、内蔵されている音色で、様々な音色を出すことが出来ます。

・ピアノはテクニックで、音色を操る

・電子楽器は、内蔵された音色が楽器から聴こえてくる

これが、両方の楽器の違いとなります。

 

レッスンでの違い

レッスンは、お持ちの楽器でレッスンとしています。

それぞれの良さを生かすレッスンです。

 

上達しますかと問われると、とても難しいです。

その人にとって、上達とは、どんな状態になった時かが、わからないからです。

お持ちの楽器の最上の音色で、その楽器の精一杯の機能を駆使して鳴らせた時が、その楽器で、上達した

となると思うからです。

 

ピアノは打鍵の仕方で、音色が操れます。
クラシックなどは、特に向いていると思います。

キーボードは、鍵盤が軽く、どんな弾き方でも音が鳴ります。
力の弱いご年配の方などには、特に向いているかもしれません。

 

他にそれぞれの特徴をこの記事でご紹介しています。↓

 

大きな違いは、

ピアノの弾き方を、キーボードでは教えられない

という事なんです。
ここが、大きな注意点ですね。

これを生徒さん側で、納得して頂かないと、掘り下げたレッスンをしてもらえないと、ご不満が出る事でしょう。

 

目的で考えましょう

子どものおもちゃに、プラスチックのバットがあります。

大人の力で使うとすぐに、ペコっとへこんでしまうぐらいの柔らかいものです。
本物のバットは、硬いですよね。

構造は詳しくありませんが、鉛入りのボールを打っても簡単にはへこみません。
でも、子ども相手に、楽しく遊ぶには、充分です。

 

ピアノでの表現を考えた時、どんなに頑張っても電子の楽器では、限界があります。
どんなに練習しても、構造上、その音は、出せないからです。

その方のテクニックの問題ではありません。
楽器の限界ですね。

なので、電子楽器でレッスンに通う場合は、レッスンの音に関するレッスンレベルは、下がってしまうかもしれません。

 

上達とはあなたにとって、どんな状態になった時ですか?

上達とはあなたにとって、どんな状態になった時ですか?

 

曲が、一通り弾ける様になった時?

間違わずに弾ける様になった時?

好きなピアニストに近い表現で弾ける様になった時?

暗譜が出来た時?

 

達成度は人それぞれですね。

そこができると、上達したと思える様になるのではないでしょうか。

お持ちのグランドピアノ以外の楽器で、、グランドピアノのように弾くという目標を掲げてしまうと、いつまでも到達できないということになるでしょう。

ですが、自分なりの達成度を、他に考えてみると、上達できた!と思えるのではないかと思います。

自分なりの達成度を探してみられてくださいね。

教室では、それぞれに合わせた、達成度でレッスンしています。
達成感は、大切だと考えています。

今日もお読みくださって、ありがとうございました。

 

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.