大人の初心者向けのオンラインピアノ教室。独学の方や教室を始められたばかりの先生方へも

導入期のピアノの左手は、音を1つだけ使って弾いてみるレッスンもあります。

Chizuyo Inoue
WRITER
 
ピアノを弾く女性の手
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
ピアノの先生。指導歴20年・譜読みの苦手な保育士さんや幼稚園の先生向けコード奏のレッスン・教室理念は【生きる力を育むレッスン】・趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です!
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴ オンラインピアノ教室、いのうえちづよです。

今日扱う曲はクラッシック。

子どもの生徒さんにも初心者の方にも人気のあるバッハ(=現在は、研究によりクリスティアン・ペツォールト)の『メヌエット ト長調』です。

これを弾きたいけど、なかなか左手が動かない方のために、レッスンで、左手の音を減らして弾いて頂いた事があります。

今日はレッスンから、このおはなしです。

左手は、楽譜の最初の音を使って演奏

初心者の生徒さんの中には、左手に苦手意識がある方もいて、左手が動かないという方もいます。

左手がうまく動かないけど、ピアノを弾いてみたい!という方のために、その小節で使われている音のみを拾って弾いてみる事で演奏する事に結びつけています。

 

最初の音だけで、音楽になるの・・・?

と思われますよね。

これは、和音進行というものがあって、ここでは割愛しますが、とにかく、ピアノで、音楽を奏でて欲しいっという思いがあるので、難しいことは抜きにして、有名なあの曲のさわりの部分だけでも演奏する事で、ピアノを楽しんでもらっているんです。

今回のメヌエットト長調、原曲と比較するとちょっと和音の響きとかにさみしさが残りますがでも、なかなかでしたよ。

取りあえず、
【メヌエット ト長調】のメロディが味わえて生徒さんは、嬉しそうでした。

こういうレッスンは、導入の部分で使いますが、せっかく勇気を出してレッスンに通って下さる事になるのですから、来てよかった、挑戦してよかったと思ってもらえるように導入部を考えます。

このように導入で挑戦した曲は、味わって終わりになる場合もありますが、時期を見て、原曲に再挑戦される場合もありです。

なので、導入部の楽譜の選曲は、気を付けて選びます。

まとめ

レッスンでは、そこまで教室を選んで体験に挑戦された過程があるので、大切に導入部を扱います。

まだまだ、大人のピアノは、認知力が低くて、今更習ってどうするの?という考えの方も多いです。

私は、大人のピアノは、純粋にピアノや音楽を楽しめる習い事だと思っているので、もっと気軽にたくさん挑戦してくれる人がいるといいのにと思います。

大いにピアノや楽器を楽しんでくださいね。

 

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

 

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
ピアノの先生。指導歴20年・譜読みの苦手な保育士さんや幼稚園の先生向けコード奏のレッスン・教室理念は【生きる力を育むレッスン】・趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.