≪お電話の方は、メッセージどうぞ。

かごしま市たまざと団地のぴぴピアノ教室。初心者さん大歓迎!独学の方向けのピアノ演奏ノウハウもあるよ

ピアノ演奏本番前、ミスなく練習する為に注意した事!

Chizuyo Inoue
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

昨日、本番の生徒さんからメールが!

『上手く行きました。最後までミスなしで弾けました。』

とご報告メールでした。

うれしい!

本当にうれしかったです。

生徒さんの頑張りがすごかったので本当に良かったです。

 

この生徒さんは、小学校の先生で、もともとピアノは、少ししか弾けなくて、臨時採用で小学校に行ったら、式典のピアノを任されたそう。

たすけてくださいいい~。

小学校のせんせい

と飛び込んでこられたんです。

 

あ、ちゃんとお問い合わせからですけど。

 

レッスンで注意した事

 

本番まで、3か月。

基礎練習なんてやっている暇はありません。

 

とにかく必死で、その曲を練習するしかありませんでした。

曲の都合上、音を減らすという苦肉の策は、今回は取れそうにありません。
しっかりと楽譜が決まっている場合は、この方法は無理です。

なので、決まった楽譜を練習です。

 

学校が終わったら、レッスンに駆けて来て頂いて、必死に練習です。

もちろん、教室には、他の生徒さんもいらっしゃっるので、毎日は出来ません。

 

自宅で一人で練習する時間もあります。

なので、自宅練習で気を付けて頂く事をまずお伝えしました。

 

自宅練習で気を付ける事

自宅練習で気を付ける事は、まずは、

【通し練習をしない】

【取り出して練習をする事】

【勢いで練習しない】

の3点です。

 

【通し練習をしない】

通し練習をすると弾けないところはひけないまま、弾けているところはますます上達していくということになっちゃいます。これが練習してもしてもうまくならない原因ですね。

こうなったら、やる気がなくなっちゃいますね。

何回も何回も繰り返して練習しているのに、上達しないんですから。

 

【取り出して練習をする事】

なので、通し練習はせずに、【取り出して練習】をおすすめします。

弾けないところ、躓くところだけを【取り出して】繰り返します。

この方法は、普段の練習でも使えます。

というか、この方法で、練習しましょう。

このつまづく所が出来るようになったら、通し練習をすればいいですね。

 

【勢いで練習しない】

この通し練習にいきなり取り組んだ場合にありがちですが、勢いで弾かないようにしてくださいね

棒高跳びとか、跳び箱とかって、飛ぶために何回も何回も走ってきて飛べたり跳べなかったり・・・という事を繰り返しますよね。

ピアノでは、それはだめです。

ゆっくりと、どの指を使うか確認しながら、【間違わないで弾く事】を何回も何回も繰り返してください。

何回でも成功するようになったら、少しづつ速さを上げていきましょう。

まずは、ゆっくりです。

 

本番での心構え

本番での心構えは、

【遅くなったり・早くなったりしない】

【間違っても止まらない】

【弾きなおさない】

この3点です。

 

【遅くなったり・早くなったりしない】

大体、【弾ける部分】は、早い速度で弾いてしまって、【弾けない部分が遅くなる】というのが、一般の練習の様子ですよね。

大体、みんな、こんな感じです。

普通の時は、段々練習していけばいいので、この方法でもいいです。

 

ただ、今回は、時間が無いので、とにかく最初の練習から、ゆっくりでいいので同じ速さで弾けるように、練習するようにお伝えしました。

同じ速さで弾くというのは、拍感覚が必要なので、常日頃から気を付けて欲しい点です。

 

【間違っても止まらない】

そして、いつものように本番では、止まらない。もちろん間違ったとしても止まらないで、最後まで弾き切るという事が大切です。

【弾きなおさない】

間違っても弾きなおさない、ですね。

 

本番前は、上の3つが出来るようにするために、とにかく通し練習です

本番前ですからねっ。

 

生徒さんの様子

この方、左手の伴奏部分で、例えば、小指でド、中指と親指でミとソの演奏をする場合、小指を外す事が多くて、その度に別の音を弾いていました。

なので、【絶対に間違わない!】と思って弾いてください、とまずはお願いしました。

 

こういう場合は、気持ちも大切なんですね。

間違ってばかりの練習を繰り返していると間違う事が当たり前になってしまうんですね~。

癖がついちゃうんですよ。

 

そして、間違った音を鳴らさないと落ち着かないような気になってしまうんです。

これは、相当困る事ですよ。

あとは、上に書いたような事を守って頂いて、ひたすら練習して頂きました。

頑張られましたよ~。

本当に。

私が出来る事は、注意する事や練習の進め方だけですから。

後は、本人がやるしかないですもん。

 

まとめ

何かの役目を背負ってピアノを弾かないといけない場合がある時、やっぱり間違わずに弾かないといけない時があるんですね。

ですけど、やっぱり音楽を演奏するという事は、音楽がぷつぷつ途切れる事はだめだと思うわけです。

なので、間違う事が気になるでしょうが、そこに意識をむけると変に緊張してしまって、本当に間違ってしまうので、とにかく本番は止まらない事と弾きなおさない事。

ここを注意しながら、練習してみてください。

そして、早めに対策を立ててくださいね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とっておきの1曲を弾けるようにしよう! , 2015 All Rights Reserved.