かごしま市たまざと団地のピアノ教室。初心者大歓迎!教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

ブライダルミッション!とっておきの一曲を大切なあの方へ

1曲に何年もかかっている方は、練習スケジュールを組みましょう。方法について解説。

Chizuyo Inoue
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

鹿児島県鹿児島市ぴぴピアノ教室、いのうえちづよです。

 

卒業演奏で弾いた曲があるんですが、かれこれ34年弾き続けています。(^^;)

ショパンのソナタです〜。

まだ、全然仕上がりません。

なので、同じ曲を何年も弾くという事に全く抵抗はありませんが、生徒さんによっては、ものすごく気にされます。

 

そういう方には、仕上げるスケジュールを立てるという事をお勧めします。

 

スケジュールの立て方

 

ぴぴピアノ教室の大人の教室は、定期レッスンが、月3回組めます。

この場合、年間36回。

教室に通われていらっしゃる方は、ご自分のレッスン回数に当てはめて考えてみてください。

 

このレッスン回数で、6ページの曲に取り組んだとして、

1ページを6回のレッスンで仕上げるといいという事になりますよね。

6ページの五線紙NO2

6回×1ページ=36回

 

 

最後は、合わせて通しレッスンもしたいので、だいたい5.6回で仕上げるとしましょう。

 

ふんふん、なるほど。これだと大体の見通しが付きますね。

さくらさん

 

でしょでしょ。

Chizuyo

 

もっと細かく行きましょうか。

 

1ページが3段の曲で、1段の小節が4小節だった場合、1段を2回のレッスンで仕上げるといいという事です。

 

実際は、曲によって、2部形式などの形式で出来ている時は、同じようなフレーズが繰り返されますよね。

 

 

こちらは、子どものピアノ教室のブログですが、形式について書いています。

小さい生徒さんでも【好きな曲でレッスン】の秘訣

 

という事は、1回目のAという部分の音取りができたら、2回目に出てくる同じようなフレーズのAという部分は、音取り(譜読み)は必要ないです。

ざっと音の確認だけで、終了!という事になります。

 

例えば、ベートーヴェンのエリーゼのために。

教室では、この楽譜は、リピートが使ってある楽譜を使うので、だいたい5ページです。

5ページの五線紙

5ページの五線紙

 

すると、1ページ目の部分を音取りできたら、後、同じ部分が途中と最後に出てくるので、

5ページの五線紙-星付き

5ページの五線紙-星付き

この時は、音の確認だけします。

 

次に、クライマックスの部分が、2回出てくるので、この部分では、丁寧に音取り(譜読み)しますよ。

 

じっくり時間をかけます。

月3回レッスンだった場合、

生徒さんの取り組み方にもよりますが、物凄く時間をかけたとして、

1つの盛り上がりの部分で、3ヶ月です。

 

3ヶ月長いと思われますか?

うまくいって、1ヶ月弱です。

大人の生徒さんの場合、仕事もあるし、家族の事も有ったりするので、練習にかける時間が取りにくいということもあるので、そこを考慮します。

その曲が弾けるようになりたいのは、生徒さんご本人。
本人が努力をして当たり前だととらえます。

練習していて困ったら、lineでもメールでも何でも送ってくださって大丈夫になっています。

たとえ5分でも鍵盤に触ってください。

 

生徒さんのお話を伺っていると、気持ちが焦って、結局は、嫌になってしまう。

いつぐらいに仕上がるのか自分じゃわからないけど、見通しの立て方がわからない。

 

と焦りの気持ちが出て来るんですね。

 

期間がしっかりと決まっている場合の対処法

 

曲を仕上げる時は、1ヶ月しか無い!では無くて、1ヶ月をどう使ってどのように練習していくかが、必要です。

 

闇雲に練習してもだめですね〜。

辛く苦しくなるだけですもん。

なので、やはり、そこまでの期間を考慮して、逆算して練習しましょう。

 

まとめ

今日書いたのは、長くその曲を弾いて仕上げるのが嫌、とおしゃる方を対象に書いてみました。

 

レッスンで出された課題をコツコツこなしていけば、曲は仕上がりますが、その事にどうしても取り組めない場合は、こういう方法で、スケジュールを組んでみてくださいね。

仕上がった時の嬉しさは格別!

応援していますから、頑張ってみてくださいね~。

今日も、お読みくださってありがとうございました。

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

応援コンテンツTOP画像

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

★ぴぴピアノ教室【大人の教室】
体験レッスンのお申し込みは、こちらから↓

お電話はこちらから↓
 090-1167-1759(10:00-19:00)
レッスン中は、電話に出られません。
ごめんなさい。メッセージを送信して頂けると助かります

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です