ぴぴピアノ教室//オンライン//対面

作曲をしよう!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴオンラインピアノ教室 いのうえちづよです。

ピアノコードを勉強するようになって、ハーモニーを聴き取れるようになってから、曲も作ってみたくなりました。初心者でも曲って作れますか?

さくらさん

ぜひ、曲作りに挑戦してみましょう!

作曲をしよう

曲作りって、鼻歌でもちゃんと出来ます。

鼻歌。ふん、ふん、ふん・・・・。

ネコ太郎

・・・。

Chizuyo

 

方法をあげるとすると、

  1. 1から自分で作る
  2. ピアノコードを使って作る
  3. 鼻歌を楽譜に起こしてもらう

順番に、解説します。

1から自分で作る

これは、文字通りですね。

すべての作業を、自分でこなします。

順番としては、調を考えて、メロディラインを考えるのがおすすめです。

調を考えるという事は、何の調号が付くかという事を決めるという事になります。

特に、弾き語りの場合は、音域が大切になりますから、自分が出せる音の高さを考えるためにも調を決めたほうが、作りやすいです。

 

コードを使って作る

ピアノのコードを使って、曲を作ります。
響きを考えて、作ってくださいね。

詳しくは、こちらの記事に書きました↓

 

鼻歌を録音して楽譜に起こしてもらう

これが一番簡単かもしれないです。

自分で何気なく作ったメロディを、録音などしておいて、専門の方に楽譜に起こしてもらうという方法です。

 

でも、できればご自分で作れるといいですよね。
今日は、自分で作る方法をお伝えしますね。

初心者さんにおすすめは、ピアノコードを使った曲作り

ピアノコードを勉強中の初心者さんへおすすめしたい方法は、②の方法、コードを使った作曲です。

Chizuyo

 

  • 好きなコード進行を使う
  • 自分でコード進行を考える

好きなコード進行って言われても、そもそもわからないし、どうすればいいの?

さくらさん

好きなコード進行を使う

好きなコード進行とは、好きな曲に使われているコード進行を使うということです。

例として、短いですが、童謡のチューリップを使ってご説明します。

童謡チューリップのコード進行は、

C・C・C・G

C・C・C・G/C

C・F/C・C/G・C

このような並びです。

このそれぞれのコードの構成音を使って、メロディを作っていけば、曲が作れるんです。

それって、盗作って言われたりしないの?

さくらさん

全く同じメロディを作れば、それは、盗作って言われてもしょうがないって感じになりますが、違う音を使えば、大丈夫です。

同じなのは、曲に流れる和音の響き、コード進行になります。

例えば、チューリップの1小節目のメロディで使われている音は、
ドレミ〜、ドレミ〜ですが、

これを、例えば、ドミミ〜とか、ドミだけでもいいんです。

さらに、リズムを変えれば、違う曲になるので、試してみてくださいね。

 

コード進行を考える方法

1から、コード進行を考える場合は、

①一般に、始まりは、主和音から始めます。
よほど特殊な場合を除いて、Ⅰの和音から始めます。

:ハ長調の場合、Cコード
音階の1番目の音の上に作られた和音の事

ハ長調の和音

ハ長調の和音

そして、

②曲の終わりも主和音で終わります。
フェードアウトやエンディングが繰り返される場合を除きますが、曲が終わる感じにできます。

 

途中は、

③自由にコードを並べてみてください。

コードを使う場合のコツ

曲が作られている調に出てくるコードを使います

コードを使う場合のコツ

曲が、途中で他の調へ変わった場合は、転調した調で使われているコードを使いましょう

例えば、下は、【炎】という曲の楽譜ですが、
始まりは、シャープ2つの調ですが、

炎の楽譜 #2つ

炎の楽譜 #2つ

 

途中で、シャープ4つの調に転調しています。

炎の楽譜 #4つ

炎の楽譜 #4つ

転調したら、転調した調でのコードを使いましょう。

 

 

コードを並べる場合、決まりとかいろいろあるんじゃないの?適当でいいの?

はなちゃん

確かに決まりはあります。

でも、基本事項を守っていればOK!
おかしいなと思ったら、訂正していけばいいのです。
自分の耳を信じて、まず、並べていきましょう。

重要ポイント

進行に従って、コードをピアノで弾いて、響きを確認しながらすすめるとわかりやすいです。

まとめ

  • 曲の最初と最後は、主和音で終わる。
  • 作られている調の和音で作る

 

曲づくり、基本事項を守って、後はどんどん自由に作っちゃいましょう。
もともと、音楽というのは、ちっちゃな赤ちゃんでも出来るんです。

子どもがブロック遊びをしながら、鼻歌を歌ったりしていますね。
あれだって、作曲ですから(*^^*)

大人のピアノ学習者さんを応援するための無料メルマガ

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 大人の初めてピアノ教室 , 2021 All Rights Reserved.