かんたん!コード奏/演奏フォームは大切!/保育士・教員専門

保育士・教員の方へ。譜読みが苦手でも、短い時間でピアノが弾けるようになる方法があります!

88鍵と仲良しになろう

Chizuyo
WRITER
 
ジュゲムブログTOP
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

 

ピアノの鍵盤て
ご存知の通り
88鍵ですよね~。

これを全部把握するのって
目がチラチラしますね~。
ですが、^^;
最初で、
把握したほうがいいです。

鍵盤の真ん中の第1ポジションと呼んでいる場所があります。

だいたい楽器のロゴが入っている付近です。

最初は、たくさんの音を使わないので、若しくは、楽譜を使わないので、本来なら、【この付近の音だけ、指10本で弾けるといいかな~】という感じなのですが、

 

どうせなら、全部の鍵盤の音を鳴らしましょう。

1番遠くから、不協和音になりますが、鳴らします。

 

 

次は、腕も使って、

 


次に、
みなさんお好きなグリッサンドで。
基本、降りてくる時は、
親指で、

 


上がっていく時は、
人差し指・中指・薬指・小指
の爪で、
手のひらを上に向けて演奏します。

 


ここまですると、
少し鍵盤が身近に感じますよ。

次は、
ペダルにも触れましょう。

絶対にお世話になりますから。
最初は、
右のペダルだけでいいです。

音の響きが豊かになりますよ。

ご自分の楽器ではありますが、
なるべくなら裸足じゃないほうが良いですね。

錆びちゃったり、
曇りの原因になるので(^^)

今日もお読みくださってありがとうございました。
また、あす。

 

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2016 All Rights Reserved.