かんたん!コード奏/演奏フォームは大切!/保育士・教員専門

保育士・教員の方へ。譜読みが苦手でも、短い時間でピアノが弾けるようになる方法があります!

人前での演奏での前準備

Chizuyo
WRITER
 
ジュゲムブログTOP
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

人前での演奏をしようとすると
そこにはいろいろな思惑が…^^;
〇〇さんが見てる~!
とか
あの人が同じ曲を弾いた!
とか。

特に思うのは、
やっぱり間違わずに弾こう!
でしょうか。
もちろん、間違わずに弾きたい
と、私も思います。
間違いますから^^;
ただ、間違った時、
どうするか
というのは、
本当に重要なポイントで、
同じ場所をしつこく繰り返した後、
最初から弾きなおす
というのは、
どうでしょうか。

聴いている人を
置き去りにした演奏法ですよね。

もし、このような事の
経験がある方、
過去は忘れましょう。(^_-)-☆
昔の事は、
思い悩んでもしょうがないです。
こういう経験は、
殆どの方があります。
もちろん、私も。^^;

次からは、
こうしてみてください。
まず、本番では、
聴衆がいるので、
聴衆の事を考えて、

多少のミスは、
知らないふりで、
どんどん先へ進めます。
または、ミスしたら

改めてここから始める

という場所を決めておくのもいいですネ。

 

この場合、

ここでミスするかも

という不安がある場合です。

 

かえって決めるとだめだ

という方は、

決めないのもアリですからね。

 

練習の時は、
何回もおさらいしてくださいね。
出来ないところをすっ飛ばしては、
なかなか弾けるようになりませんから。

 

今日の方法は、

本番用です。

 

これで少しでも、

楽しんで安心して演奏出来ますように。

 

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

また、あす。

 

 

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2016 All Rights Reserved.