かんたん!コード奏/演奏フォームは大切!/保育士・教員専門

保育士・教員の方へ。譜読みが苦手でも、短い時間でピアノが弾けるようになる方法があります!

しなやかな指を作る

Chizuyo
WRITER
 
ジュゲムブログTOP
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

昔のロボットって、
カクカク動きが主流でしたよね。
今じゃ、滑らかに動いています。
ピアノの演奏も
ぎこちない音を出される方、
指が、すごく硬いです。
動きもぎこちないです。
滑らかな音を
スムーズに出す為には、
指自体も、
滑らかに動かす必要があります。
音だけに限りません。

普通のダンスなどもそうですよね~。
ブレイクダンスというのもありますが、
あれは、あの動きが、
本来のものですから、

クラシカルバレーや
ハワイアンなどは、

動きが繋がっていないと、
滑らかに見えません。
音楽もいっしょ。
滑らかに演奏する為に
少し準備をしましょう。
演奏自体は、耳で聴きながら
音が繋がるように弾くようにしますよね。

演奏する指も
柔らかくします。
前もって、
指と指の間を広げたり、
(無理は禁物)
手首を柔らかくする為に
ぶらぶらと前後に降ります。
スポーツとは違うので、
ただ、降ればいいというものではなく、
右手は、左手で握って、
左手は、右手で握って、
お互いに丁寧にしてください。
この一手間で、
指が、手が、
痛まずに、
また、いろいろな動きを思い出してくれます。
習い始めの方は、
特にしっかりする事を

おすすめします。

 

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

また、あす。

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2016 All Rights Reserved.