大人の初心者向けのオンラインピアノ教室です。教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

譜読みが苦手でも大丈夫!保育士・先生必見!コードでオンラインピアノレッスン!

次世代の子供達へ、音を楽しむ事を伝えて行く役目を担っている先生方

Chizuyo Inoue
WRITER
 
保育士の画像
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
オンライン専門ピアノ教室講師・指導歴約20年・今まで2000人以上の生徒達と関わる・譜読みの苦手な学校の先生・保育士さん向けオンラインによるコード奏のレッスン・生きる力を育むレッスンが教室理念❤️趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴピアノ教室、いのうえちづよです。

 

前回の記事で、
オンラインピアノレッスン開始
のご報告をさせて頂きました。

 

対象を先生方とするのはなぜか。

今日は、これについて書いてみます。

 

ぴぴピアノ教室のオンラインピアノレッスンの対象は、学校や幼稚園・保育園の先生方

まず、子ども達が、
1番最初に
ちゃんと学んだ音楽に触れるのは、
学校や幼稚園・保育園の先生方からです。

 

もちろん学校に上がる前に、
個人の先生へ
ピアノなどを習いに行く子は
いるでしょう。

 

普通、殆ど、
先生方から・・。

ですよね。

 

学校の先生が、
素晴らしい音楽を
ピアノで奏でているのを聴いた子は、

 

それに憧れて
ピアノ教室の
ドアを叩くかもしれません。

 

お母さんに
ピアノを習いたい
というかもしれません。

 

教室でも、
幼稚園の先生が
弾いていた姿に憧れて
ご入会する生徒さんもいます。

 

幼稚園の先生が
弾いていた風に弾きたいんだけど、

ちょっと真似てみるだけで、
音はめちゃくちゃ。

リズムももちろんでたらめ。

 

でも、先生が弾いていらっしゃるように
弾いているつもりです。

 

本当に真剣ですよ。

一生懸命です。( *´艸`)

 

だから、先生の演奏は、
すごく、大切だと思っているんですね。

 

間違っちゃいけませんよ。

 

上手に弾く事ではないのですから。

 

例えば、

先生が、

 

あ~嫌だ。

難しい。

弾けない。

面白くない。

 

と思って、
ピアノを弾いていたとしたらどうでしょう。

 

それを聴いた子供たちが、

音楽っていいなあ・・

ピアノっていいなあ・・

素敵な音色だなあ・・

 

と思ってくれるでしょうか?

 

残念ながら思わないと思うんですよね。

 

ただね、

学校の先生方にお話を伺うと

 

上手に

とか

子どもの頃弾いてこなかったから

とか

習わせてもらえなかったから

とか

習ってたけどやめちゃったとか

とか

後ろ向きな言葉ばかり出て来るんですよね。

 

それって、
残念だと思うんですよね~。

 

上手じゃなくてもいいんです。

 

まずは、楽しく弾いて欲しい。

 

その為には、
やはりして欲しい事があるので、
それを、まずお伝えしたいんですね。

 

本当に困っていらっしゃる、
このように苦しい音で
演奏している先生方へ

お伝えしたいんですね~。

 

ショパンやモーツアルト、
ベートーヴェンが弾けなくても、
とても大切な事なんですね。

 

それに、
学校では、
合唱や合奏がありますね。

 

以前、学校の先生が来られた時、
こんな事がありました。

 

音を削っていいんですよね?

この音は届かないので、
弾かなくてもいいですか?

 

多分この先生は、
私がブログで、
コード奏の内容で、

 

若しくは、

 

曲が弾きにくい時に
音を減らして弾いても良い

 

という文章を見て
おっしゃられていたと思うんですね。

 

合唱の伴奏は、
そんなに簡単に音は削れません。

 

なぜなら、ピアノの音で
子供たちが歌を歌っているからです。

 

合唱というのは、
ピアノと歌で作り上げるものなんです。

だから、勝手に音を削ってはいけないんですね。

 

また、これもよくある事ですが、

演奏者の都合で、
早く弾いたり
遅く弾いたりしてはいけません。

 

弾けるところは早く弾いて
弾けない所は遅く弾く

 

これに合わせて
歌を歌わないといけない子供たちはどうでしょう。

 

文句も言わず歌ってくれます。

でもね、
本当に大変な事なんです。

 

だから、これはやっちゃいけません。

 

合唱の伴奏は、
勝手に音を削ってはダメです。

 

音を減らす場合、
気を付ける事は、

どういう場でその合唱をするかという事

そこに気を付けます。

 

きちんとした発表の場、
コンクールなどの公な場での
発表なのか、

 

校内での、
少しだけ私的な場なのか

 

で、変わってきますよ。

 

まず、公の場での発表は、
基本削っちゃダメです。

 

私的な場の場合、
音を削る場合は、

合唱との兼ね合いを考えます。

 

ピアノが、
うたパートの音を奏でていたら、

その音は、
基本的に
きちんと演奏するようにしましょう。

 

ピアノが、
歌のない部分での間奏を演奏する場合でも
間奏は、ピアノだけの演奏の場なので、

しっかりとその後の合唱を盛り上げるように
演奏してください。

 

 

まとめ

ピアノで演奏するのは
音楽です。

 

ピアノで
素敵な音楽を奏でて欲しい。

 

ですが、
上手く行かない時もありますよね。

 

それに、
先生には、相手がいます。

 

相手とコミュニケーションを取りながら、
演奏出来るといいです。

 

その為に
少しでもお手伝いできるといいなあと
思っています。

成長過程にある子供たちに
音楽のすばらしさを伝えて欲しいと思っています。

 

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

 

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
オンライン専門ピアノ教室講師・指導歴約20年・今まで2000人以上の生徒達と関わる・譜読みの苦手な学校の先生・保育士さん向けオンラインによるコード奏のレッスン・生きる力を育むレッスンが教室理念❤️趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.