大人の初心者向けのオンラインピアノ教室。独学の方や教室を始められたばかりの先生方へも

noteで、初心者向けの基礎教材【基本のき】を販売しました。

和音記号を学ぶと譜読みにも役立つ!【コード活用法】

Chizuyo
WRITER
 
Cmコードの説明

【大人の初心者ピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com
【子どものピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com/child/
教室facebookページ:https://www.facebook.com/chizuyo.piano/
教室Twitterhttps://twitter.com/tounpipi

【大人の初心者ピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com
【子どものピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com/child/
教室facebookページ:https://www.facebook.com/chizuyo.piano/
教室Twitterhttps://twitter.com/tounpipi

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】いのうえちづよです。

和音記号とは、楽譜に付けられた、C・Fm・G7などのことです。

コードネームともいいます。

今日は、このコードを勉強すると、なにか良いことがあるの?結局、後から譜読みをしないといけなくなって、二度手間になるのでは?

と思う方必見の内容です。

 

 

和音記号を学ぶと譜読みにも役立つ!

譜読みが苦手な人は、楽譜に書いてあるこのコード記号を読んで、演奏することが出来ます。
コードは、沢山の種類を覚えないといけないと思われるでしょうが、そんな事はありません。

まずは、弾きたい曲に書いてあるコードだけ覚えればいいです。
よっぽど、転調をたくさんするような曲じゃなければ、同じコードが数個、繰り返されるだけです。

 

そして、一石二鳥な事は、このコード記号を読むと、例えばCと書いてある場所の左手の音も、わかってくるということです。

コードは決して、意味のないものは、書いてありません。

その曲のその部分に、合う響きを持つ和音が書いてあるんです。

 

その場にふさわしい音とは?

この表を見て下さい。

これは、教室で使っている音の読み方の表ですが、

階名と書いてある所に、馴染みの深い、ドレミ・・・が書いてありますね。

次に、英語読み・コード読みと書いてあるところを見て下さい。
ここには、C・D・E・F・G・A・Bと書いてありますね。

音の読み方の表の画像

音の読み方の表の画像

コードは、最初の文字が、AからGまでのアルファベットを使って出来ています。

最初にCがつくコードの場合、基本の音は、ドになるよという事が書いてあるんです。

Dの場合は、レ、Eの場合は、ミ・・という具合ですね。

 

この表を使いながら、最初の問題に戻ってみます。
その場にふさわしい音とは?でしたね。

例えば、この楽譜を見て下さい。

Cmコードの説明

Cmコードの説明

①に、Cmというコードが書いてありますね。

この記号が書いてあったら、基本の音は、ドの音です。
両手で、コードを演奏する場合は、左手の音は、このドの音を弾きます。

 

次に、このヘ音記号の左手の音を見て下さい。
楽譜の左手は、ちゃんとドの音になっていますね。

 

 

次に、ここを見て下さい。

E♭:B♭コードの説明

E♭:B♭コードの説明

ここには、E♭7/B♭ と書いてあります。

このように書いてある場合は、左手は、和音の中の音ではなくて、/←この記号の、右側に書いてある音が指定されています。ここでは、B♭なので、シの♭がついた音を弾きます。

楽譜を見てみましょう。ヘ音記号の左手の音を見てみると、ちゃんとシの♭が付いた音になっていますね。
ここの♭は、音に書いてない場合も、調号として書いてある場合があるので、ちゃんと確認してください。

 

最後は、E♭ですね。

E♭コードの説明

E♭コードの説明

Eはミの音で♭もついていますから、左手のヘ音記号の楽譜には、ミの♭が書いてありますね。

 

このように楽譜の音は、コードと関係のある音が使われているんです。

これが、その場にふさわしい音、という事になります。

 

このように読んでいけば、コードを読むと、左手で演奏するヘ音記号に出てくる音を読む時の、ヒントになりますね。

 

今日のまとめ

楽譜に書いてあるコードは、ちゃんとその音楽の響きにふさわしいものが使ってあります。

なので、そのコードを読み解くと、左手の音の譜読みにも役立つんですね。

コードが書いてある楽譜は、最初は、コードから入ってしまっても良いのではないかと思います。
だんだん、ヘ音記号に書かれている音がわかってきて、いつの間にか、左手の音がわかるようになってきますよ。

 

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.