大人向けピアノブログ

楽譜の読み方《歌詞(言葉)付きの場合》

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
鹿児島県姶良市で『ぴぴピアノ教室』大人のピアノ教室・子どものピアノ教室を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

IMG_2366

レッスンで、【歌詞付きの楽譜の読み方】を訊かれたので、書いてみます。

先ずは、歌詞って、1番2番って言葉が違いますよね。
なので、楽譜によっては、それが丁寧に分けて書いてあるものが多いです。

 

歌詞の音数律

童謡などの場合など、歌詞の言葉の数が決まっている場合、いわゆる【5・7・5・7・7】にのっとって歌詞が出来ていて、1番・2番と音を別に記載する必要が無い場合です。

でも、J-popなどの場合は、言葉の数が違っても、変な言い方ですけど、その拍数に押し込めるので、音符数がいちいち違ったりするんです。

2019.3.3-4

 

歌詞の言葉の数が違う場合

1回目の時は、大きい玉の方、2回目の時は、小さい玉の方という具合に読み替えます。

2019.3.3-3

元の楽譜

 

1番の歌詞は大きい玉

2019.3.3

 

2番目は小さい玉

2019.3.3-2

 

コードで伴奏したり楽譜の伴奏部分だけを演奏する場合は1番2番と弾き分けなくてもいいんですけど、メロディを演奏する場合はこの弾き分けが必要ですね。

 

でもね、歌詞のメロディを無理に演奏する必要はないです。
自分で楽しむ場合やきっちり弾く必要のない場面では、2番の時も1番を弾いても構わないですよ。

臨機応変で、練習してくださいね。

今日のレッスン

歌詞付きの楽譜の場合は、【大きな玉の音符】と【小さい玉の音符】が一緒に書いてあるので、【メロディの部分を演奏したい場合】、【演奏する必要がある場合】は、大きい音符と小さい音符とを弾き分ける必要がある。

ただし、歌詞を歌ったりしない場合は、【1番のメロディー】若しくは、【2番のメロディー】を2回繰り返すだけでも、OK!

楽しむ事が一番大切です。

 

 
欲しい楽譜を1曲から簡単購入!「ぷりんと楽譜」

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
鹿児島県姶良市で『ぴぴピアノ教室』大人のピアノ教室・子どものピアノ教室を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です