大人向けピアノブログ

昨日のあいらびゅーFMのラジオ番組の内容を解説してみました。

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
鹿児島県姶良市で『ぴぴピアノ教室』大人のピアノ教室・子どものピアノ教室を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室、
『大人のピアノ教室』、いのうえちづよです。

水曜日お昼1時からのあいらびゅーFM
昨日も無事終わりました。

先週辺りから、
本題に入ってきているので(*´艸`*)
少し難しく感じられているようですよね。

解説してみます。

本屋さんに並べられている楽譜には、
コードというものが記載されています。

このオレンジ色の丸で囲ってある記号です。

IMG_0676

これは、
和音を記号化したものです。

和音とは、
2つ以上の音の重なったものです。

こんなもの

和音

コードは、基本的に3つの和音で作られていますが、
3つとも弾く必要はありません。

1つだけです。

左手で弾く場合、
上記の楽譜のヘ音記号のところの音を読むのですが、
コードで書いてあるところでは、
最初の記号が示している音だけ
左手で弾けばいいです。

Cだったら、ド
Emだったら、ミ
Gだったら、ソ
C6だったら、ド

です。

ここで疑問がわきますよね。
CとC6は違う。

この場合は、
頭にCが来ていますよね。

こんな時は、
ドを弾けば大丈夫なんです。

これさえとりあえず弾けば、
立派な伴奏になります。

対応する記号は、
こんな感じになっています。
音の読み方 no2

この記号の頭だけ弾く
という事をすれば、
音符の玉を読めなくても
伴奏になります。

メロディは、
歌ってくださいね。

↓ この楽譜は、
昨日の番組内で例として
使った楽譜です。

 

ぶんぶんぶん リード譜


icon-music

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
鹿児島県姶良市で『ぴぴピアノ教室』大人のピアノ教室・子どものピアノ教室を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です