かんたん!コード弾き/演奏フォームは大切!

見たような気はするけどよくはわからない記号2弾!ダ・カーポとダル・セーニョ

WRITER
 
ダ・カーポの画像
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴオンラインピアノ教室【大人のピアノ教室】、いのうえちづよです。

昨日は、ちょっとうろ覚えだった、1番かっこ2番かっこについて書きました。
ちょっとすっきりしました。

今日も繰り返すという意味のある記号、第2弾です。

 

ダ・カーポ

今日は、これです。
D.C.(ダ・カーポ)、イタリア語です。

ダ・カーポの画像

ダ・カーポの画像

 

昔は、この名前を持つ歌手がいたんですよ。

ちょっと似ているけどコードネームとは全く別物です。

 

D.C.(=Da Capo)  曲の最初に戻り、Fine(終わり)(=フィーネ)と書いてある所まで演奏

 

最後は伸ばす事が多いので、Fineフェルマータ(=fermata)(=ほどよく伸ばす) は一緒に書いてある事もあります。

 

組み合わせて使う事もあります。

D.C. al Fine(ダ・カーポ アル フィーネ)

始めからFineまで演奏しなさいという事

 

 

ダル・セーニョ

次は、
D.S.(ダル・セーニョ)です。

D.S.

これが書いてある所から、このセーニョ記号まで戻る

後は、D.Cの時と同じで、Fineで終わりです。

 

まとめ

この記号は、クラシックの楽譜ではあまり見かけませんが、出版社や簡単に音符だけ書かれた楽譜では、クラシックでも見かける事があります。

他に編曲の仕方によっては、記号を一切使わない楽譜もあって、そんな楽譜は、本当に長〜くなってしまっています。

できればこういう記号も活用して、楽譜が短くなると演奏中の譜めくりなども少なくなっていいですね。

生徒さんも迷う事がある様なので、こちらに書かせていただきました。

 

 

大人のピアノ学習者さんを応援するための

無料メルマガ

無料メルマガ画像

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 大人初心者さんの為のピアノ教室 , 2014 All Rights Reserved.