演奏フォームは大切!/かんたん!コード奏/一曲のみレッスン

なるほど!納得! 独学で学ぶ ピアノのベーシック入門 販売ページ

ぴぴオンラインピアノ教室 講師 井上千津代の画像

はじめまして。
ぴぴオンラインピアノ教室 井上千津代(いのうえちづよ)です。

初級教材を作りました。

初級の教材を作りました。

今から、初めてピアノに挑戦される方が対象です。
ピアノを弾くために知っておいて欲しい、知ることで、これからの曲の練習に取り組みやすくなる内容です。

 

まずは、この教材で、ピアノを弾くための基礎基本を学んで下さい。
楽譜教材では、有りません。

曲の練習曲ではないので、既に、1・2曲程度、ピアノに取り組まれている方には、お役に立てないと思います。

 

★お値段

2,670円

一部分を抜粋して、載せておきます。

返品は有りませんので、よく読まれて、ご購入をご検討下さい。

お支払いは、クレカ決済のみです。

取得方法

・お申し込みページにてお支払い頂いた後に、ダウンロードページへご案内します。

購入方法

ご購入は、クレカ決済のみです。

 

なるほど!納得! 独学で学ぶ ピアノのベーシック入門(一部分抜粋)

これは、初めてピアノを習う方にお伝えしたい、【基本のき】の教材です。

教室では、ある曲だけを演奏する方法ではなく、一生ピアノを弾いて頂けるように、簡単な事だけど、ピアノを長く弾く為に、一番大切な事をお伝えしています。

今回は、その中から、まずは、初心者の方にお伝えしたい内容を、大人の初心者用の教材にしてみました。この教材の内容は、教室でのレッスンで、提供している内容になります。

基礎の基礎編なので、疎かにされがちですが、ピアノを弾いていくにつれ、疎かにした事を、後悔される方が、多い内容だとも思います。

ぴぴピアノ教室のサイトにも、詳しく説明してあります。
https://tounpipi24.com

 

ピアノは難しいとか、たくさん練習しないととか、センスがないとだめだなどと言う事を聞いたりします。
プロの方なら、そのような練習方法や条件が必要かもしれません。ですが、一般にピアノを楽しむには違う取り組み方もたくさんあります。

将来は、ピアニストを目指すんだ!とか有名なコンクールに挑戦したい!という方以外は、巷に流れている練習方法が合わない方も多いです。

それに惑わされて、せっかくのピアノをあきらめたり、嫌いになったりしたら、本当にもったいないし、残念でなりません。

固定された一つの方法だけで諦めるのではなく、ぜひ、ピアノを楽しむための他の方法も試して頂いて、素敵な音楽を奏でてみてください。

趣味のピアノだから・・下手だから・・・ではなくて、趣味のピアノでもしっかりとした弾き方を学ぶ方法は、他にもあります。

どうぞ、諦めずに挑戦されてみてください。

この教材を終了後は、コードネームと呼ばれる和音記号を使った、ピアノの演奏にも挑戦して頂けますので、そういう事に興味がある方にも、おすすめです。

なお、この教材は、すでに、ピアノを習った経験がある方や、現在習っておられる方で、基本編を習得済みの方には、お役にたたないと思います。

この教材の対象は、以下の方です。

 

この教材の対象の方
・全くの初心者だけど、ピアノの弾き方を学びたい。
・習いに行くほどではないけど、ピアノの独学で、最初、何から始めたらいいのか知りたい。

 

この教材では、レッスンに、通い出した初期の頃に、必ず扱う基本的な事を押さえてあります。

 

本教材が提供できる価値
・全くの初心者の方が、ピアノを弾くために必要なノウハウ

 

このノウハウを手に入れた後は、何回も読んで、自分のものにして下さい。
自分の物にした後は、それを活かして、ショパンやBeethovenを弾くもよし、J-popを弾くもよし。
コードを使って、自分なりにアレンジするもよし。

この事ができるようになっていれば、後々、更にレッスンを受けようと思った時に、上を目指して頂ける内容です。
反対に、この事ができていないと、次のステージに進んだ時に、出来ないことが妨げになって、上達するのに時間がかかるかもしれません。

基礎の基礎を学ぶことは、ピラミッドの一番の底辺を学ぶようなものです。
家に例えると、土台の部分ですね。
ここが疎かだと家が建たないですね。
建っても後から、グラグラしちゃうかもしれません。
まずこの教材で、土台の部分をしっかりと建てましょう。

習得後は、どんどん新しい曲や他のテクニックに挑戦して頂けます。

目次
1.ピアノを弾く前にやるべき事①【椅子の設定】
2.ピアノを弾く前にやるべき事②【手の位置の確認】
3.ピアノに触ろう【打鍵の方法】
4.音の階段の仕組みを知ろう【曲を作っている音階について】
5.仕組みを使って音の階段を作ろう【演奏の準備】
6.音の階段を使って、表現活動【指番号やテクニックの確認】
7.和音を学ぼう【音の階段の1・4・5番目の和音】
8.和音を作ってみよう【Ⅰ・Ⅳ・Ⅴの和音を作ってみよう】
9.作った和音を演奏してみよう【和音の演奏法】
10. まとめ

続きは、ご購入後に、お楽しみ下さい。

 

 

Copyright© ぴぴオンラインピアノ教室 , 2021 All Rights Reserved.