大人向けピアノブログ

プロフィール

はじめまして。

このHP&記事を書いています、井上千津代(いのうえちづよ)と申します。

音楽をこよなく愛し、【たくさんの音楽好きを育てたい】【同じ音楽好き仲間を増やしたい】と活動しています。

 

 

生まれと育ち

1965年 9月12日生まれです。鹿児島県の大隅半島で生まれました。

親が転勤族だったので、あちらこちらを転々としています。
鹿児島市の緑が丘というところに引っ越した時に、それからお世話になるピアノの先生にお会いしました。

不思議なご縁で、その先生が、鹿児島市の玉里団地に移り住んだ時、私たち家族も同じ地区にお世話になる事になりました。

それからは、そこで、短大卒業まで育ちました。
その間、ずっと同じ先生にレッスンを見て頂いて、とても幸せだったと思います。

 

短大を卒業と同時に、教員になりまして、2校目の赴任地である、沖えらぶで、結婚しました。主人も転勤族でしたが、鹿児島県の姶良市に居を構えまして、そこで、今に至ります。

 

ピアノの教室を開業したこと

中学の先生は、結婚と同時に辞めていましたので、下の子が3歳の時にピアノ教室を始めた時は、近所の方に頼まれて・・だったと思います。

私自身、短大の先生に子どもの頃からついていたので、レッスン自体は流れもわかっていて出来ましたが、昔風のレッスンしかできず、途中でやりたい事と違うなあと思っていました。

私たちが子どもの頃のレッスンは、ひたすら練習練習…毎日何時間も弾かないといけなくて、じゃないとレッスンのたびに怒られるというのが当たり前だったと思います。

弾き方というより、苦行のようで、弾きたいように弾けないし、何で弾けないのかわからないし、才能もないなあと思っていました。

だから、ピアノの教室なんて、絶対にしないぞと実は思っていたんです。

ですが、教室をやる羽目になって、でも、やっぱり練習させないといけないし、怒らないといけないし、でも、生徒さん達は忙しくて、今週伝えた事が次のレッスンで出来ている事がなくて、やっぱりなんかおかしいぞと思う事が多々ありました。

そこで、いろんな本を読んだり、教材を取り寄せたり、他のお教室の先生のレッスン風景やセミナーに参加した結果、このレッスンは自分のやりたい事と違うという事に思い当たりました。

本当に、最近のお子さんは忙しいです。そして、ゆとり教育のために、平日の帰宅時間が遅くなっています。
習い事もたくさんしている子はしています。

私から見ると、習い事が多いお子さんは、疲弊しきっています。

こんな子どもたちに、どうやって教えれば、音楽の楽しさが伝えられるのかなとずっと考えてきました。

その場限りでない、将来も役に立つような、でも、楽しいピアノになるようなレッスンをやりたいなと考えています。

ピアノの習い事の将来は、決してコンクールに出たり音大に進学したりすることだけではないです。それはほんの一部の事です。氷山の一角です。

それより、ピアノを習う事によって、生きていく支えになったり、お友達との交流になったり、他人の慰めになったり、自分を慰める事が出来たり。

でも、いざとなったら生活の糧になったり、将来の進学のための選択肢になったり。

反対に大人の方は、趣味のピアノから、コンクールに挑戦出来たり、発表会に出たり、他の音楽好きの方と交流出来たり、自分の楽しみだけではないものがあると思っています。

この考えをもとに、音楽を伝えてきました。

 

自分の経歴

鹿児島短期大学音楽科ピアノコースを卒業後、中学2種免許を取得しまして、音楽教師を6年務めておりました。

結婚後は、教師は辞めて子育てに専念しておりましたが、下の子が義務教育を終えると同時に離婚しました。
離婚後、自立して生活できたのも全てピアノ教室があったからです。
家を借りて、教室を営みながら一人で独立して生活するという事を教室運営でやってきました。

【ピアノを教える】という事と【事業を行う】という事が出来れば、ピアノの教室でも十分生活できました。

 

今後は

私には、2歳年上の姉がおりまして、実家で両親と暮らしていたのですが、3年前に53歳のお誕生日に脳溢血であっという間に他界してしまいました。

本当にあっという間で信じられない事でした。
その事があってから、やっぱりやりたい事をやってから姉のところに行きたいなあと考えるようになり、お正月1日しか帰る事の出来なかった親の元に戻って孝行をしたいと考えるようになったんです。

本当に何にもしてきませんでしたから。

 

3月31日に姶良のお教室は閉じますが、また、鹿児島市内の実家で大好きな音楽活動をしていきたいなと考えています。

誰にでも、時間は等しくありますが、有限でもあります。
できるだけ、悔いのない人生を歩めたらいいなと思っています。

長々と書いてしまいました。お読みくださってありがとうございます。

 

姶良のお教室は閉じますが、ブログもFacebookやTwitter、インスタグラムもちょっとずつ、続けていきたいと考えています。

お時間ありましたら、お越しくださいませ。また、どうぞよろしくお願いいたします。