鹿児島県鹿児島市たまざと団地

生徒募集中!です。まずは、お子さんと体験レッスンにどうぞ。

やっぱり途中退会は勿体無いです。部活してても、塾に通っていても、継続は可能だからです。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴピアノ教室 講師/中学校の先生→ピアノの先生/指導歴約20年・姶良市にて常時、約60名の生徒さんたちとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材づくり
詳しいプロフィールはこちら

鹿児島県鹿児島市ぴぴピアノ教室【子どものピアノ教室】いのうえちづよです。

私、子どもの頃ピアノを習っていて、中学入学と同時に辞めてしまったんです。3歳から始めて、結構長く続けたと思っているのですが、実は、もうあまり弾けないんです。楽譜も読めなくなりました。ピアノって、中学校入学時で辞めるものかと思っていたのですが、ピアノを長く続ける意義ってなんでしょうか?

おかあさん

今まで、よく頂くご質問について、私の考えを書いてみますね。

やっぱり途中退会は勿体無いです。部活してても、塾に通っていても、継続は可能だからです。

私は、3歳から、習いたくてピアノを習い始めて、大学まで進みました。

その間、部活動もしていたし、生徒化活動なんかもして、結構忙しかったのです。

もちろんながら、日々の練習は、あまり出来ない事もありました。

でも、練習出来なくても、親から

  • やめなさい
  • 練習しなさい

と言われて来なかったのと、

私自身、ピアノを辞める選択肢がなかったので、続けて来れたんだと思っています。

 

理由は、

音楽が好きだったから

これだけです。

高校まで続けると、将来もまたピアノを弾いていける。

高校までの年月、ピアノを習い続けると

  • 楽譜を読む能力
  • 演奏の能力

が定着するんだと思います。

日常的に、音楽を楽しむぐらいの能力です。

 

ここまでくれば、

  • 何か突発的に演奏をしないといけない
  • その技術を活かした職業などにつく

事は、なん無くできるようになります。

そのためには、

  • ものすごく上手になっていなくてもいい
  • テクニックは習得できている

となっている状態がいいです。

 

もちろん、将来の選択肢がプロピアニストだけでは無いのは、ご存知ですよね。

そして、将来、ご自分のお子さんやご近所のお子さんを集めて基礎項目を伝えるぐらいのレッスンができる能力です。

できるんですか?

おかあさん

 

できるんです。

Chizuyo

子どもの頃のレッスンは、しっかりと基礎を伝える事がまず大切です。

お母さんがピアノ教室を探される時に、何に注目されたでしょうか?
私が発信しているHPやブログの記事を読まれてですよね。

書いている事は、基礎に関する事だけだったと思います。

これが、教える側がわかっていて、そして、出来ないと教えるなんて出来ません。

 

教室レッスンを子どもの頃から受けている生徒さんは、この事が定着していますから、もうすぐにでも伝える事ができます。

後は、伝え方だけですよね。

教室経営に関する事は、大人の教室HPやブログで発信しています。

教室のHPは、実は、もう一つあって、大人の教室用のHPとブログもあるんです。

教室経営をされたかったら、そちらをお読みください。

教室経営に関する事は、実は別にご相談も受けさせて頂いているんです。

なので、選択肢の中に含まれますよね。

部活や勉強の合間に練習するのは難しい

確かに、部活や勉強の合間に練習するのは難しいです。

試験の時は、試験に集中したいし、毎日の部活動は遅くまでで大変でした。

なので、そういう時は、練習時間を取らなくてもいいと思っています。

いいんでしょうか。先生に申し訳なくて・・・・。

おかあさん

大丈夫です。

レッスンに通ってきてくれるだけでいい。
なぜなら、教室で、しないといけない事がたくさんあるからです。

教室で、曲作りの基礎を学んだり、初見奏の練習をしたり、やる事がたくさんあるんです。

なので、練習しないことを理由に、辞める事はありません。

 

自分で継続するのは難しい

一人で、継続するのは難しいです。

ですが、教室に来れば、とりあえずピアノを弾く、音楽に触れて、理論が学べる環境は、本当に大切です。

なので、とにかく継続です。

【練習しなさい】はもう古い

練習しなさいという言葉で、相手を縛るのは、もう古い方法です。

興味や関心があれば、自分で練習します。

出来るようになりたいから、繰り返すのです。

お子さんに、一生物の財産としてのピアノを習得させてあげて下さい。

まとめ

大人のピアノは、残念ながら続きません。

なぜなら、大人は、自分の事だけで100%では無いからです。
他にもやりたい事が、趣味としてたくさんあるからです。

子どものうちに、将来にわたって楽しめる能力を財産として、持たせてあげて欲しいと思います。

 

★教室レッスンに興味がある方は、まずは体験レッスンをどうぞ

体験レッスンについて
詳細はこちらから

★ひとまず、教室Line@に登録しておこうという保護者様はこちらから↓
ピアノ練習に関するお役立ちを配信中です。
体験レッスンの申込みもできます。
友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴピアノ教室 講師/中学校の先生→ピアノの先生/指導歴約20年・姶良市にて常時、約60名の生徒さんたちとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材づくり
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴピアノ教室【子どものピアノ教室】 , 2022 All Rights Reserved.