鹿児島県鹿児島市・たまざと団地

楽譜を読むよ~。丁寧に音符を読む手立てを取ろう。

WRITER
 
色音符のついた楽譜画像
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴピアノ教室 講師/中学校の先生→ピアノの先生/指導歴約20年・姶良市にて常時、約60名の生徒さんたちとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材づくり
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴピアノ教室、いのうえちづよです。

 

さあさあさあ、やっと譜読みの中身に入っていきますよ~。
今まで、お疲れ様でした。

 

今日【お母さんといっしょ】は、音符に色を付けて、音符を読む作業に入っていきます。

 

この動画は、途中から教室に通って来てくれていた生徒さんが色付けを頑張っている様子です。

 

この生徒さん、

最初は、楽譜が苦手で苦手で、

 

でも、段々と出来るようになって、

今はもう色付けなくても譜読みが出来るようになっています。

色音符を使って譜読みをしよう

楽譜を読む時の最初は、第1ポジションの音だけを使って作られている楽譜を使いながら、

まず楽譜での音符の場所確認をして、

 

次に色音符表で、色の確認場所の確認をして

楽譜に色をつけて、

何の音か名前を唱える、

という作業をします。

こんな感じになります。

色音符のついた楽譜画像

色音符のついた楽譜画像

 

色を付ける時は、絶対に【数えない】でくださいね。

 

この場所確認が重要で、段々とその場所を覚えていきますから、覚えたらもう色音符は必要なくなります。

この譜読みの時、場所を考えずに、適当に音符を読んでいると音にした時に弾き間違いが増えるので、レッスンのたびに注意が必要になるんです。

これが、生徒さんが譜読みを嫌がる原因になっちゃうんですね。

注意ばっかりされたら、嫌ですよね。

 

教室で使っている譜読みの楽譜は、このシリーズです。

https://amzn.to/30d1FdG

みぎて・ひだりて・りょうてとあります。

 

この方法の使い方として、譜読みの場合は、右手、左手をバラバラに使う方が効果が期待できると思います。

 

一緒に、粘土で作ったト音記号なども覚えていけますよ。

他に、拍子記号・縦線・終止線・休符も覚えられますね。

 

年齢によっては、この譜読みと一緒に弾く事も進めていけます。

 

ですが、譜読みだけでも大丈夫です。

お母さんの方で、お子さんの様子を見ながら進めてくださいね。

 

今日のレッスン

譜読みと言うのは、音をひとつ一つ読んでいかないといけないので、生徒さんによっては少し苦手な場合があるんですね。

特に幼稚園に入る前のお子さんだとそうある場合があります。

 

その譜読みを取り組ませる手立てとして色音符表を使って、1つ1つ確認作業をすると、やる気が引き出せたりします。

 

確認する事で、読み間違いも防げるので、楽しく進める事が出来る方法だと思っています。

 

さて、お母さんといっしょシリーズ、いかがでしたでしょうか?

少しでも、レッスンで取り組んでいる事が分かって頂けた事と思います。

譜読みは、ピアノを習い始めると同時に取り組んだ方がいいです。

どちらか先がいいという事ではなくて、耳から聴く事と楽譜を読む事ですね。

その方が苦手意識が付かないと思っています。

 

譜読みが出来て、スラスラ演奏出来たらいいですよね。

今日もお読みくださって、ありがとうございました。

※【お母さんといっしょ】シリーズです。

 

 

★お問い合わせ&体験レッスンお申し込みフォーム
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴピアノ教室 講師/中学校の先生→ピアノの先生/指導歴約20年・姶良市にて常時、約60名の生徒さんたちとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材づくり
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 子どもが元氣になる!ぴぴピアノ教室 , 2019 All Rights Reserved.