鹿児島県鹿児島市・たまざと団地

お母さんも出来るよ。指番号譜を使って、最初のレッスン

WRITER
 
お母さんも出来るよ。指番号譜を使って、最初のレッスン
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴピアノ教室 講師/中学校の先生→ピアノの先生/指導歴約20年・姶良市にて常時、約60名の生徒さんたちとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材づくり
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴピアノ教室、いのうえちづよです。

 

ピアノの楽譜には、指番号なるものが付いています。

 

この指番号は音楽を滑らかに演奏するために使うもの。

 

ですが、最初から指の番号をじっくり見ながら音符を見ながら楽譜を読むのはちょっと難しいです。

2つの事を同時に進めないといけないですからね。

だから、まずは指番号を覚えるという事から始めましょう。(*^^*)

 

この方法は、お家でもできるんです。

レッスンに来る前に、楽譜ではなくて弾く場所を鍵盤で教えちゃうお母さんがいますが、これは楽譜を読む事を嫌がるようになるので、ちょっとこまっちゃうんですね。

なので、鍵盤に触らなくても出来るこの方法をやってみてください。

この方法だと数字も覚えられるし、一石二鳥ですね。

鍵盤で教える時は、ここの場所は、ドの音よ~と言うのは大丈夫ですからね。

 

指番号

ピアノを弾く時、指には番号が降ってあります。

親指から、1・2・3・4・5まで。

指って5本あるので、これ以上の番号は有りません。

左右一緒です。

 

左右の違いは、親指から、1が始まっているので扇形に番号が降ってあります。

 

 

動画はこちら↓

やり方

まず、カードを作ってください。

 

次に、1から5までの数字を書き込みます。

最初は、この数字を覚えたり、順番に並べたりするので遊びになりますね。

指番号カード

 

勉強にしないでくださいね。

あくまで、遊びですよお(^_-)-☆

 

表を作ったり、

お母さんとどっちが早いかなあとか。

遊びでですからね。

(くどくてごめんなさい。)

 

子どもは天才ですから、直ぐにスラスラ出来るようになるので、出来るようになったら今度は指を動かしますよ。

ここまでは、まだ、番号の順番どおりにしてください。

 

ここで注意点は、子どもって苦手意識が付くと嫌いになってしまいます。

せかしちゃだめです。

 

ちょっと抵抗を示したら、すぐにやめましょう。

1回目は、それで終わりです。

普通にしない動きをしたりする事が、抵抗がある子もいます。

大丈夫。焦りは禁物ですからね。

 

しばらくしてから、また、さりげなく取り出してやってみてください。

 

順番に動かせるようになったら

順番に動かせるようになったら、いよいよランダムに動かしてみます。

カードを適当に並べて、指を動かしてみましょう。

お母さんも一緒にやってみてね。

 

意外と難しいよ。( *´艸`)

 

 

そうですね・・。

おかあさん

 

やっぱり無理強いは、禁物です。

 

嫌いにしたら、元も子もないので。

 

まとめ

ピアノを習わせたいんだけど、ちょっとその前に家で出来ることは無いかしら?という事ってありますよね。

曲の音を鍵盤で教えるのは、して頂きたくないので、(ここは、ドの音よ~と教えるのは構いませんよ~)

まずは、大切な指遣いを覚えるためのの手立てとして、指番号で指を動かすという事をしてみてくださいね。

お読みくださってありがとうございました。(*^^*)

 

 

 

★お問い合わせ&体験レッスンお申し込みフォーム
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴピアノ教室 講師/中学校の先生→ピアノの先生/指導歴約20年・姶良市にて常時、約60名の生徒さんたちとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材づくり
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 子どもが元氣になる!ぴぴピアノ教室 , 2019 All Rights Reserved.