ぴぴピアノ教室//鹿児島県鹿児島市たまざと団地

お子さん自らが練習する為に必要な手立て。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴピアノ教室 講師/中学校の先生→ピアノの先生/指導歴約20年・姶良市にて常時、約60名の生徒さんたちとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材づくり
詳しいプロフィールはこちら

鹿児島県鹿児島市ぴぴピアノ教室
【子どものピアノ教室】、いのうえちづよです。

 

ピアノが上達するには、
【自分から練習】
が大切だと考えています。

 

自分からの練習は、達成感も大きく上達度も大きいからです。

 

 

所持曲は、4,5曲

一人の生徒さんにつき、

 

・弾きたい曲

・練習曲

・テクニック曲

・連弾曲

 

とだいたい4.5曲持っています。

 

弾きたい曲

弾きたい曲は、生徒さん本人が弾きたい曲です。

ジャンルは問いません。

曲数も問いません。

 

弾きたい曲が増えてくるともっと持ち曲が増えます。

もちろん個人差は、有るんです。

これは当たり前です。

 

いつも書いている通り、これは能力の差では有りません。

 

練習曲

練習曲は、

その生徒さんに何が不足しているか

で考えて、必要な練習曲を私の方で与えます。

 

白鍵調の音階練習などが主ですね。

 

この音階練習で、強弱のつけ方や拍数のカウントの仕方なども扱います。

 

他に

本を使う事もあるし手作り教材を使う事もあります。

楽譜がない場合もあります。

 

テクニック曲

これも、練習曲と同じ考えです。

 

 

 

連弾曲

連弾は、
【同じ曲を心を合わせて演奏する】
という事を学んでもらいます。

連弾は、競争ではなく、

【ハーモニーを作る事】

です。

 

練習曲やテクニック曲は、殆ど同じ曲なので、弾き合い会などでも一緒に連弾出来たりします。

弾き合い会の画像

弾き合い会の画像

 

【自分から練習】のための手立て

 

曲数が増えてくると自分で考えながら練習計画を立てないと練習が追いつきません。

 

毎日の中で、しないといけない事はたくさんあるからです。

 

 

自分から練習をする手立て、詳しくはこちら↓

 

 

まとめ

たった一曲だけでは、講師側が、教えたい事が伝わらない事もあります。

でも、押し付けの曲では、練習する意味が分からず、嫌気がさしたりしますね。

 

上達を目指すのであれば、

なぜその曲を練習するのか

が分かった上で、自分から練習する必要があると思います。

 

★お問い合わせ&体験レッスンお申し込みフォーム
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴピアノ教室 講師/中学校の先生→ピアノの先生/指導歴約20年・姶良市にて常時、約60名の生徒さんたちとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材づくり
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 子どもが元氣になる! , 2020 All Rights Reserved.