鹿児島県鹿児島市たまざと団地

生徒募集中!です。まずは、お子さんと体験レッスンにどうぞ。

自宅でのピアノの練習は自分からが基本。お家での練習スケジュールを組む方法

WRITER
 
スケジュール表 ぴぴピアノ教室
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴピアノ教室 講師/中学校の先生→ピアノの先生/指導歴約20年・姶良市にて常時、約60名の生徒さんたちとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材づくり
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴピアノ教室【子どものピアノ教室】いのうえちづよです。

 

さあ~て、今日もレッスン開始時間が近づいてきています。

みんな元気に来てくれるかなあ・・・。

風邪なんか弾いていないでしょうね。

そういえば、そろそろAちゃんの自宅での練習スケジュール組まないとなあ・・・。

多分お母さんがとっても心配しているはず。

よし!今日はスケジュールを組むレッスンにしよう!

Chizuyo

 

自宅でのピアノの練習は自分からが基本。お家での練習スケジュールを組む方法

せんせい、こんにちわあ。

お~!Aちゃん、いらっしゃい。元気だったー?

うん・・・。

(なんだ?ちょっと元気がないような。)

今日、先生に聴かせてくれる曲、ある?

う~ん。

よし!聴く聴く。楽しみ~( *´艸`)

 

 

 

さて、今日のレッスンでは、一日のスケジュールを訊いてみたいと思います。

Chizuyo

うん・・・?

はなちゃん

朝は何時に起きるの?

Chizuyo

ええっと、6時。

はなちゃん

早いねえ!まず、なにする?

Chizuyo

歯磨きする!

はなちゃん

虫歯になると嫌だもんねえ

Chizuyo

そう。

はなちゃん

ふんふん、それから?

Chizuyo

 

制服に着替えて、ご飯食べる

ほうほう、で?

出かける

もう、出るの?学校遠いもんねえ。朝に、5分でもピアノに触れる時間ってある?

無いかも。

そっか。オッケー!

 

次、学校から帰ってくるのは、何時?

4時半ごろ。すぐに、宿題をしなくちゃ。

えらいねえ。あれ?でも、おやつは?

おやつ?

食べないかも。

へええ。食べるとしたら何が好き?

チョコ!

美味しいもんねえ。

 

子どもたちにとっては、おやつも遊ぶ(ゲームを含め)のもとても大切。
そして、宿題も、家族そろって食べたい晩ご飯も、もちろんお風呂も。

その子にとって、やらなければならない事をすべてやった上で、ピアノの練習をどこに入れるか。これは自分で考えさせます。

 

いつピアノ弾けそう?

Chizuyo

 

無理なスケジュールを立てる必要はないけど、隙間時間を見つければ、意外と練習する時間て見つけられるもの。
でも、それをお子さん自身に見つけさせるのは、ちょっと難しいかな。

なので、一緒にスケジュールを見ながら、練習計画を立ててみます。

自宅練習計画を一緒に考える

レッスンでは、家での練習がうまく行っていないようだなあ、と私が感じたら、練習計画を一緒に考えます。

誘導尋問はしちゃだめですからね~。

【ここに入れようか?】

とか

【ここが空いてるね。】

は、NG!

 

 

これは、相手の気持ちを尊重するふりをしながら、実は、しっかりとこちらの希望を通そうとしているのが見え見え。^^;

こういう立て方は、いけませんよお。

Chizuyo

まずは、信頼。そして、我慢。(^^;)

 

出来なかったとしても、

この時間で、するって言ったがね(←鹿児島弁)

おかあさん

とか言っちゃだめですよ~。

 

せっかく、自立を促しているのに、また、依存に逆戻りしちゃいますからね。
親としては、一抹の寂しさを感じる瞬間ですけどね~。

 

まとめ

さて、一日のスケジュールの中に、ピアノの練習時間を組み込むときの手立てを書いてみました。

今日の生徒さん、練習時間を決められたら、清々しいお顔で帰って行きましたよ。

 

一日のやる事が見えると子どもたちの方から、

【ここでもしようかな?】

とか言ってくれたりします。

 

そんな時は、

【じゃあ任せるから、来週どんな感じだったか教えてね?】

というだけでOK!

【そうしたら?】とか【いいねえ】はいらないです。

それは、子ども自身で決める事だから。

こんな時は、もっともっと褒められたいという気持ちが働いている時。

褒めてもいいんですけど、褒められるために練習するわけではなくて、上手に弾くために練習するんですよね。

だから、信頼して任せる!でいいと思っています。

 

今日は、おうちでの練習時間の決め方をお伝えしてみました。

ピアノ、練習してくれると嬉しいんですけど、練習する事が苦行になるといけないので、レッスンで取り組んでいる事を書いてみました。

また!(≧▽≦)

 

 

 

 

★教室レッスンに興味がある方は、まずは体験レッスンをどうぞ

体験レッスンについて
詳細はこちらから

★ひとまず、教室Line@に登録しておこうという保護者様はこちらから↓
ピアノ練習に関するお役立ちを配信中です。
体験レッスンの申込みもできます。
友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴピアノ教室 講師/中学校の先生→ピアノの先生/指導歴約20年・姶良市にて常時、約60名の生徒さんたちとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材づくり
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴピアノ教室【子どものピアノ教室】 , 2019 All Rights Reserved.