鹿児島県鹿児島市・たまざと団地

【うたとピアノの絵本】教室での使い方

WRITER
 
譜読みの練習 お母さんと一緒
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴピアノ教室 講師/中学校の先生→ピアノの先生/指導歴約20年・姶良市にて常時、約60名の生徒さんたちとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材づくり
詳しいプロフィールはこちら

鹿児島県鹿児島市【ぴぴピアノ教室】子どものピアノ教室、いのうえちづよです。

今日は、教室で使っている【うたとピアノの絵本】シリーズの使い方をお伝えしようと思います。

【うたとピアノの絵本】教室での使い方

この本は、

  • みぎて
  • ひだりて
  • りょうて

の三冊からできています。

 

呉 暁 先生のご著書

うたとピアノの絵本(1) みぎて アキピアノ教本 導入編(3~7歳)

 

この本は、最初から、5つの音が出てきます。

右手のド・レ・ミ・ファ・ソ

ト音記号のドレミファソの画像

ト音記号のドレミファソの画像

 

ひだりてのド・シ・ラ・ソ・ファ

ヘ音記号のドシラソファの画像

ヘ音記号のドシラソファの画像

 

この5つの音が使われている楽譜を使って、音符のドレミだけではなく、記号の勉強もします。

  • ト音記号
  • 縦線
  • 8分音符
  • 4分音符
  • 4分休符
  • 8分休符
  • 2分音符

 

この本は、お母さん方が、お家でレッスンのフォローをしてくださる時にも取り組みやすい教材です。

では、それの進め方をお伝えしますね。

 

この教本の取り組みかた

① 曲が進むごとに、毎回、しつこく語句をあつかいます。

 

  • ・ト音記号
  • ・拍子記号
  • ・縦線
  • ・終止線

ここでは、年齢によっては、丸覚えになってしまうのですが、取り組めそうな時は、さらに踏み込んで、

  • ト音記号・・・粘土で作成して確認
  • 拍子記号・・・なぜその拍子になるのか説明

をします。

拍子記号
拍子記号は、足算ができている年代の方が理解しやすいので、その年齢まで待つ事もあります。

 

 

②  1曲1曲丁寧に色をつけながら、音の名前の確認をします。

この方法は、

  1. まずは音の場所の確認
  2. 色音符表で確認
  3. 音の名前の確認
  4. 色の確認

で、色をつけます。

この時、お家での練習で、お願いしたい事は、色音符付けをどんどん進めないことです。

一度に済ませてしまうと、学校のお勉強と一緒で、その時はできる様になるけどすぐに忘れてしまうからです。

くりかえしくりかえしする事はとても大切な事です。ドリルです。
講師側から、すすめてもいいよとお伝えしない限りは、毎週、色音符での譜読みができる様にして欲しいです。

 

右手が終わったら同じ様な方法で、【ひだりての教本】→【両手の教本】と進めます。

これ以外の音符の名前語句の名前は、他にも同時に取り組む曲があるのでそれでカバーします。

まとめ

この教材は、教室では、主に、譜読み用に、扱っています。
譜読みは繰り返し繰り返し・・です。

今日は、この教本の教室での使い方を書いてみました。

お読みくださって、ありがとうございました。

★お問い合わせ&体験レッスンお申し込みフォーム
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴピアノ教室 講師/中学校の先生→ピアノの先生/指導歴約20年・姶良市にて常時、約60名の生徒さんたちとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材づくり
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 子どもが元氣になる!ぴぴピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.