大人の初心者向けのオンラインピアノ教室。独学の方や教室を始められたばかりの先生方へも

noteで、初心者向けの基礎教材【基本のき】を販売しました。

譜読みの時、音符にドレミを書かない方がいい。理由は3つあります。

Chizuyo
WRITER
 
おんぷの画像・ぴぴピアノ教室

【大人の初心者ピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com
【子どものピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com/child/
教室facebookページ:https://www.facebook.com/chizuyo.piano/
教室Twitterhttps://twitter.com/tounpipi

【大人の初心者ピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com
【子どものピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com/child/
教室facebookページ:https://www.facebook.com/chizuyo.piano/
教室Twitterhttps://twitter.com/tounpipi

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】いのうえちづよです。

譜読みの時に、音符にド・レ・ミ・・を書かれる方いらっしゃいますよね。
これを書くと、なかなか譜読みが上達しません。

今日はなぜかという事をご説明しますね。

譜読みの時、音符にドレミを書かない方がいい。

音符の玉の横に、ド・レ・ミ・・を書く方、いらっしゃいますよね。

 

・何回も書くんだから、これで、覚えていくはずだ!
・書かないと、弾けません

という方もいらっしゃいます。

 

デモですね、書かないほうが良いんです。

理由は、3つあって、

・音符の玉の位置がわからなくなる
・音符自体を見ないから、長さがわからない
・音の高さがわからない

です。

順番に説明しますね。

音符の玉の位置がわからなくなる

音符って、ちゃんと場所によって、音が決まっています。

ドの音の場所が、コロコロ変わるってことはありません。

この音符に、ドレミ・・を書く時に、

ここに書いたり、

階名 高い位置

階名 高い位置

 

 

 

ここに書いたり、

階名 低い位置

階名 低い位置

 

 

 

こんな風に、書いたりすると、音の場所がわからないですよね。

階名 まとまり書き

階名 まとまり書き

 

というカタカナは、覚えますね〜^^;

 

覚えたいのは、ここに書いてある音符は、一点ハのド!ということですよね。

一点ハ の画像

一点ハ の画像

 

ドレミを読むために、目が、玉から外れるので、その音、特有の場所、これがわからなくなります。

 

玉を見ないから、長さがわからない

理由の2つ目は、音の持つ長さですね。

玉の画像

玉の画像

まず玉には、種類があります。
黒丸か、白丸です。

時々、ほくろがくっついたりしていますね。
付点って言いますよ。

そして、棒がついていて、さらに、旗まで、たなびいているものも、あります。

ぼうの画像

ぼうの画像

 

音符って、全身で、その音符の長さを表しているんです。

ドレミ・・・を書くと、音符自体を見ないので、これもしないほうがいい理由です。

音の高さがわからない

次は、音の高さ。

音の高さってたくさんあります。

 

例えば、同じ、ドの音でも、

ここのド

一点ハ

一点ハ

ここのド

二点ハ

二点ハ

 

これもド

三点ハ

三点ハ

 

 

さらに、これもドです。

ハ

 

ここに、ドって書いてあった場合、

階名 高い位置

階名 高い位置

高さがわかりませんから、

カタカナのドだけを見て、結構、適当に鳴らされる方が多いです。

 

よ〜く音を聴いてくださっていれば、明らかに高さがおかしいなあ、と思うのですが、初心者の方に、流石に、そこまでは要求できません。

結果、面白い曲になっちゃったりします。

これが、第3の理由です。

 

みんな、最初は読めません。焦りは禁物。

大人の方は、早く早く・・・と思う方が多いです。
難しいと思いながら、出来ないはずはないと思っておられるんだと思います。

 

ピアノに取り組んだことは、早く行動したので、とても素晴らしいこと。

ですが、出来るようになるためには、やはりコツコツと、少しづつが基本です。

 

どんなにコツを使っても、出来るように成るのは、時間がかかります。
ましてや、ドレミを書くのは、残念ながら、コツでもなんでもありません。
間違い、です。

 

習い始めは、最初は、できません。なにも。
私も一緒です。
50年以上努力をしてきて、今があります。

子供の頃は、音符よりも、まず、書かれている字を読むこと、からですから、それを考えると、大人からのピアノは、もっと早く出来るようになりますよね。

だから、あせっちゃだめです。

 

まとめ

楽譜は、すぐには読めるようにはなりません。

でも、ドレミを書かずに、頑張って譜読みを続けていると、1曲め、2曲目とだんだん譜読みが出来るようになっていきます。

【急いては事を仕損じる】
焦ってやっても、出来るようにはならないということですよ。

・・ね。(^_-)-☆

 

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

 

 

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.