かごしま市たまざと団地。初心者さん大歓迎!独学ノウハウもあるよ

ブライダルミッション!とっておきの一曲を大切なあの方へ

【間違う間違わない】は永遠の課題・・?

Chizuyo Inoue
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

上手・下手の基準の中には、【間違う・間違わない】という事も確かに入っていて、コンクールなどの予選通過の為には、取り敢えず、ノーミスなら通過という場合もあります。

それ以外については、判断基準が沢山あるので、とりあえずこの事を追い求めてしまいますよね~。

 

そうなると【ミスしない】という事が演奏者にとって大きな達成目標になるのは、必然。

【間違わない様に・・間違わない様】にと呪文のように繰り返す皆さんのお気持ちもよお~くわかります。

 

本当に間違っている場合

レッスンでは、音の元々の読み間違いは、しっかりと正しますが、【弾きミス=あ、ちょっと触っちゃった~】については、いちいち正さずに、演奏の方に注意を払う事の方が多いです。

決して、知らんふりしているわけでは無いですが、演奏者には、ちゃんとそのミスがわかっている場合ですね。

 

例えば、クレッシェンドの途中で、音をひとつ外したからといって、そこでその演奏を止めるより、クレッシェンドの仕方について熱心に取り組んだ方がずっとずっと有意義だと思うのです。

≪クレッシェンド=だんだん強く≫

 

でもしかし、明らかにミスの場合は、音の間違いを正します。

何回も弾いてもらうと、何回も同じ間違いをしたりする場合があります。

これは、正した方がいいですよね。

音一つだけでは無くて、指遣いから直さないといけない場合もありますしね。

 

演奏中は聴いてくれている人を常に意識して

弾き間違い、弾きミスは、私もたくさんします。

だから、正した方がいいと考える事もよ~くわかります。

 

ですが、常に聴いてくださっている人を意識して欲しいと思います。
だって、あなたのその演奏に耳を傾けてくれている方ですから。

聴衆に、演奏者が出来る最高の音楽を聴かせられるように努力する方がずっとずっと何倍もいいですね。

だから、最後の通し練習の際は、最後の仕上げの段階ですが、【間違うたびに、最初から弾きなおす】という事は極力避けて欲しいと思っています。

 

ピアノの演奏は、ミスをなくすための演奏では無くて音楽を作り上げる為の演奏ですから。

 

今日のレッスン

間違わずに弾く事は、確かに大切で、一つの目標になりますよね。

でもあまりにそれにとらわれすぎると、面白くない演奏になってしまいます。
なので、間違ってもどんどん先に進めるような練習もしてみてくださいね。

聴いている人に思いやりのある演奏をしましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴピアノ教室【大人のピアノ教室】 , 2019 All Rights Reserved.