かんたん!コード奏/演奏フォームは大切!/保育士・教員専門

保育士・教員の方へ。譜読みが苦手でも、短い時間でピアノが弾けるようになる方法があります!

【間違う間違わない】は永遠の課題・・?

Chizuyo
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴオンラインピアノ教室【大人の初心者ピアノ教室】、いのうえちづよです。

 

上手・下手の基準の中には、【間違う・間違わない】という事も確かに入っていて、コンクールなどの予選通過の為には、取り敢えず、ノーミスなら通過という場合もあります。

それ以外については、判断基準が沢山あるので、とりあえずこの事を追い求めてしまいますよね~。

 

そうなると【ミスしない】という事が演奏者にとって大きな達成目標になるのは、必然。

【間違わない様に・・間違わない様】にと呪文のように繰り返す皆さんのお気持ちもよお~くわかります。

【間違う間違わない】は永遠の課題・・?

レッスンでは、音の元々の読み間違いは、しっかりと正しますが、弾きミス=あ、ちょっと触っちゃった~については、いちいち正さずに、演奏の方に注意を払う事の方が多いです。

決して、知らんふりしているわけでは無いですが、演奏者には、ちゃんとそのミスがわかっている場合ですね。

 

例えば、クレッシェンドの途中で、音をひとつ外したからといって、そこでその演奏を止めるより、クレッシェンドの仕方について、熱心に取り組んだ方が、ずっとずっと有意義だと思うのです。

≪クレッシェンド=だんだん強く≫

 

でもしかし、明らかにミスの場合は、音の間違いを正します。何回も弾いてもらうと、何回も同じ間違いをしたりする場合があります。

これは、正した方がいいですよね。
音一つだけでは無くて、指遣いから直さないといけない場合もありますしね。

 

演奏中は聴いてくれている人を常に意識して

弾き間違い、弾きミスは、私もたくさんします。

だから、正した方がいいと考える事もよ~くわかります。

 

ですが、常に聴いてくださっている人を意識して演奏するとなると、正すよりも、表現が大切かなと思うんです。
だって、あなたのその演奏に耳を傾けてくれているんですから。

聴衆に、演奏者が出来る、最高の音楽を聴かせられるように努力する方が、ずっとずっと何倍も有意義だと思うんですね。

だから、最後の仕上げの段階は、間違う度に、最初から弾きなおすという事は極力避けて、音楽を作り上げるということに、全神経を集中して欲しい、と思っています。

 

ピアノの演奏は、ミスを無くす為の演奏では無くて、音楽を作り上げる為の演奏ですから。

 

今日のレッスン

間違わずに弾く事は、確かに大切で、一つの目標になりますよね。

でもあまりにそれにとらわれすぎると、面白くない演奏になってしまいます。
なので、間違ってもどんどん先に進めるような練習もしてみてくださいね。

聴いている人に思いやりのある演奏をしましょう。

 

今日もお読み下さってありがとうございました。

 

 

 

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2019 All Rights Reserved.