演奏フォームは大切!/かんたん!コード奏/一曲のみレッスン

和音を演奏する時は、 手が潰れた形にならないように気をつけよう!力の向きが大切です。

WRITER
 
鍵盤と平行な手首
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴ オンラインピアノ教室【大人の初心者ピアノ教室】いのうえちづよです。

ピアノを弾く時は、演奏のフォームってとても大切なんです。
これが出来ていると、曲のテンポをあげようと思った時も、楽な弾き方で、ピアノを弾く事が出来るし、痛みや故障も回避できます。

例えば、スポーツ選手が、フォームを見直して、ホームランが打ちやすくなったとか、新記録が出た、などのニュースを見たりしますよね。

これと、全く一緒で、ピアノにも、正しい演奏フォームというのがあるんです。

 

今日はこの事について書いてみます。

和音を演奏する時は、 潰れた形にならないように気をつけよう!力の向きが大切です。

ピアノには、打鍵するという言葉があります。

文字通り、鍵盤を弾く時の様子を表したものです。

この時に、注意したほうがいい事があります。

・手首の位置
・打鍵の指の場所
・力の向き

などです。

順番に説明してみます。

手首の位置

手首の位置は、一般に、鍵盤と並行になるように、構えます。
鍵盤の高さと同じにはなりませんが、少しだけ上の方の高さで、鍵盤に沿って、平行の位置です。

鍵盤と平行な手首

鍵盤と平行な手首

 

この位置に手首があると、指が動かしやすいんです。
指は、指の付け根から上下しますから、鍵盤より少し上の位置に手首があると、指を、逆方向に動かす必要が無いので、とっても楽なんですね。

 

打鍵する時、手首の高さが足りないと、どうしてもちょっと高い位置に振り上げる動きが出るので、打鍵が遅くなって、速度を上げにくいです。

鍵盤より下がっている手首

鍵盤より下がっている手首

 

この時、手首の位置を意識するのは良いことなのですが、今度は、カニが押しつぶされたような形になっている方を見ます。

手首が下がっている時の指の付け根からの打鍵の様子

手首が下がっている時の指の付け根からの打鍵の様子

これも、手首が鍵盤より低い位置にあるために起こります。
これ、以前、教室でも、お見かけしていました。
腕が痛くて、指も痛いし、10分弾くのが、限度だとおっしゃっていましたよ。

打鍵の指の場所

打鍵する時は、なるべく指先の方を使って、打鍵します。

指先で打鍵

指先で打鍵

 

こういう押さえ方は、よくありません。↓
演奏した時、指が下向きに押し込まれるようになるからです。
音色も、良くないと思います。

打鍵の位置 間違い

打鍵の位置 間違い

 

演奏中の奏法
演奏中は、欲しい音色を模索する時は、指のいろいろな場所で、鍵盤を弾きます。

力の向き

次は、力の向きです。

ピアノの演奏でとっても大切な、重要ポイントのうちのひとつです。

 

コードなどの演奏をする時は、和音を演奏する事が多いです。
音を2つ以上演奏します。

音が増えると、増えた音すべてを打鍵しようとすると、押さえつけた弾き方になる方が多いです。
見ていると、引っ張るような形になっているんですね。

和音を弾くのが、難しいと言われる方は、引っ張るように鍵盤を押さえつけているという、こんな弾き方の方が多いです。

打鍵した瞬間に、掌の方へ力が向かっている方です。

手のひらへは向けない ぴぴピアノ教室

 

これは、ちがう。間違いです。

力は、指先の方へ向けます。

力の向きは、指先へ

力の向きは、指先へ

 

指と言うのは、それぞれ長さが違います。

それを同じ高さから打鍵したら、同じように力を入れる事が出来ません。

 

たわし、ってご存じですか?

いきなりすみません^^;

たわし

たわし

あれを使う時、掌で押さえて、たわしの全面でこすると、とげとげが曲がっている部分と立っている部分とあって、うまく擦れる所とうまく擦れないところと出てきます。
歯ブラシも一緒です。

力を入れてこすると、ブラシの部分が、寝てしまうので、ゴシゴシ音はしても実際に歯磨きは上手く行っていないという事があります。
これは、歯科衛生士の方もおしゃっていました。

このように、手の指がブラシのとげとげ1本1本だとすると、鍵盤で演奏する時も全く一緒の事が起きて、全ての指に力を入れる事が出来ないんです。

 

和音って、難しそう・・・。

はなちゃん

 

そうなっちゃいますね~

ところが、これを一発で直す方法は、ピアノの場合は、力の向きを変えるだけです。

本当にそれだけなんです!力の向きを変えるだけなんです。

長さの不揃いな指で、均一に力を入れる方法は、これです。

 

手の構えた位置が低い人は、この和音の力の向きが、下向きならざるを得ません。
カニが構えたような感じになっているはずです。

本来これはあり得ません。手の自然な形じゃないですから。

 

指の付け根は、手から自然に下に垂れています。自分の演奏フォーム見直してみてください。

 

本人が意識して、かなりしっかりと直すぞ~と思うと正せるので、意識してみましょう。

教室の生徒さんもこんな方がいましたが、段々と少しづつ直っています。

 

 

今更、直さなくても、そのままでいいじゃん。

ネコ太郎

そうですね。でも、早く動かしたりするのは難しい。これは、最初がものすごく肝心です。

 

まとめ

指先側に向かって、演奏してみましょう。

スタッカートの場合でも、手首を一定の高さに保ったまま指先を指先のほうへ弾ませるように、演奏します。

 

手首側に引っ張らないように、してみてくださいね。
和音がかなり弾きやすくなるはずです。

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

 

 

大人のピアノ初心者さんへお役立ち!無料メルマガ

ご登録の方へ
無料PDFをプレゼント

無料メルマガ画像

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴオンラインピアノ教室 , 2017 All Rights Reserved.