大人向けピアノブログ

机上練習や指のストレッチは隙間時間で。

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
鹿児島県姶良市で『ぴぴピアノ教室』大人のピアノ教室・子どものピアノ教室を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

指の練習にもストレッチというのがあります。

スポーツ選手が、ランニング前の準備体操をするのと一緒。

ピアノは、実はお上品なものではなくて、かなり体力を使って全身の力を使い果たして弾くので、風邪を引いたりして、休んでいる時は、とても弾けたものではありません。

体力気力ともに充実させて楽しんでくださいね。

そして、短い時間で効率よく練習するためには、始める前にストレッチがおすすめです。

 

・・・という事で、ストレッチをしましょう。

 

 

ピアノを弾く上でのストレッチ

ピアノ演奏でのストレッチは、指です。

和音ってありましたね。

2つ以上の音が重なったものです。

それを弾く時、それからすごく離れている分三和音を弾く時、指が広がっている方がやりやすいはずです。

例えば、8度離れている音を弾く場合

8度と言えば、ドから8個上のドの音ですから小指と親指で演奏しますね。

2019.3.9-3

 

 

指が生まれつき柔らかい人っています。もともと広がる人はいいですよね~。

広がらない人、指が固い人っています。

体が堅い人もいるんですから、指が固い人がいて当たり前。

これは、ストレッチで補いましょ。

これは隙間時間で出来ます。

電車に乗っている時、テレビを見ながら、煮込みシチューを作っている間。

十分すぎる時間です。

やりすぎはよくありません。

いいと聞くとそれしかしない方がいますが、それはストレッチじゃなくて、指が痛くなる原因です。

それぞれの指の間を伸ばす事を2.3回で十分です。

まずは、2の指3の指の間を横にゆっくり広げて少しの間静止。

次は、3の指4の指、最後は4の指と5の指。


これだけするだけで、和音や離れている音が弾きやすくなります。

まめにストレッチして、弾いてみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
鹿児島県姶良市で『ぴぴピアノ教室』大人のピアノ教室・子どものピアノ教室を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です