生徒さんからご質問を頂いた和音の弾き方

この記事は1分で読めます

和音の弾き方

教室の生徒さんとは、普段の自宅練習の時から困ったことがあったらラインしてきてくださるようにお伝えしています。
すぐにはお返事できない事もありますが、なるべく早くお返事を返すようにしています。

昨日、ご質問のあった楽譜はこれです。

ずっとピアノの楽譜に携わっていると生徒さんがどんなところでつまずくのかどんなところがわからないのかが講師側が、わからない事が多々あります。

この生徒さんは、途中習っておられて、どこまで習っていらしたのかしっかりと確認せずに楽譜をお渡ししてしまっていました。

今回送られてきた楽譜は、この和音の部分です。

なるほどなあと思う事でした。

基本的にまとまったように書かれている音符は一緒に演奏する事が多いです。

なのでこのように分かれているように書かれている音符でも一緒に弾きます。

ここで注意して頂きたい事は、同じ幹から出ていないという事ですね。

注:幹 決して専門用語でも何でもありません(^^;)

同じ棒に球が3つ書いてあるのではなくて、2つと1つに分かれています。

はじめは、この3つの音を一緒に演奏します。

次に同じ棒についている2つの音を押さえたまま、1つだけの音を次の音に弾き替えます。

和音の弾き方解説

この楽譜、一部分だけ送られてきたので、ト音記号の部分なのかヘ音記号の部分なのかちょっとわからないのですが、それでも、演奏方法はこの方法であっていると思います。

他にもお困りの方がいらっしゃるのではと思いまして、投稿してみました。

この黄色い丸で囲った音は、付点四分音符の長さ分、押さえ続ける必要があります。これが正解です。

でも、出来ない時は、指を話して次の音に移ってもいいです。

コンクールや試験の時はやってはいけない事ですが、普段は臨機応変に楽しんでくださいね。

icon-music

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. d25f89457a521ca1bfbe20c3db6e1839_s
  2. IMG_3335

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/chizyon6392/tounpipi24.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

  1. 2019.2.16
  2. tenokatachi-3 ◎✖付き
  3. 2019.2.12

Twitter

Facebookページ