演奏フォームは大切!/かんたん!コード奏/一曲のみレッスン

キーボードでも出来る!今日からピアノを弾いてみない?

WRITER
 
キーボードでの演奏
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴオンラインピアノ教室、いのうえちづよです。

お家に、昔買ったキーボードが有るんだけど、これってすぐに弾くのは無理だよね

キーボードがある人

すぐ弾く方法があります。

鍵盤が、と音から、二点ハぐらいまであれば、曲の演奏ができます。

今日はこういう人に向けて書きますね。

キーボードでも出来る!今日からピアノを弾いてみない?

鍵盤楽器の事を、総称してキーボードって言ったりしますね。

この鍵盤楽器の鍵盤数が、白い部分だけで、

から、二点ハ〜ホ

ぐらいまであれば、曲の演奏ができます。

 

こちらの範囲ですよ↓

とから、二点ハまでの音の範囲

とから、二点ハまでの音の範囲

 

この部分の鍵盤の数は、白い鍵盤だけで、19個でした。

数はあっていても、この範囲の音がないとメロディが弾けないので、お持ちの鍵盤を確認してみてくださいね・

演奏できるジャンル

クラシックの場合は、これだけの音の数じゃ、演奏できません。

あ、がっかりしないで下さい。

  • 少しカンタン目に編曲されたもの
  • 習い始めに使う、少し難易度が柔らかいもの

こういう場合は、出来ます。範囲が広いと出来ない場合もあるので、ご了承くださいね。

 

他に

  • 童謡
  • J-pop

これは必ず出来ます。

童謡もJ-popも、歌う方の声域に合わせて作られているからです。

音から二点ハ〜ホ

の間は、大体の方の声域の範囲だと思います。

 

他に、K-popと言われるものも、歌う方がいらっしゃるので、この音の範囲で弾けます。

演奏する方法

これは言わずもがな、絶対にコードで自分なりにアレンジです!

Chizuyo

せんせい、はりきっとるね。

ネコ太郎

はい!

Chizuyo

  • 右手旋律・左手伴奏
  • 両手ともに伴奏

この②つの方法で見ていきましょう。

右手旋律・左手伴奏

昨日たまたま、コードの⑩回レッスンを受けられている方から、最終的に弾きたい曲目が届きました。

あいみょんの【裸の心】

メロディは、この方が歌っている部分です。

まずは、これを弾けるようにしますよ。

右手のメロディ

最初に調の確認をして、調号の確認をします。

なんの音になんの調号が付いているか?という事をみます。

ハ長調

シャープやフラット無し

二長調

シャープが、2個

ト長調

シャープが、1個

へ長調

フラットが、1個

 

こういう事がわかると、曲の練習がしやすいです。

メロディの部分は、ト音記号で書かれているので、弾けるように、少し練習しましょう。

5本の指を使って、弾けるようになって頂きたいですが、取り敢えずは、親指・人差し指・中指でもいいです。

秘策は、ゆびくぐり!と指ごえです。

 

これ!↓

指ごえの画像

指ごえの画像

指くぐりの画像

指くぐりの画像

 

これを駆使すれば、親指・人差し指・中指で、弾けます!

鍵盤上をどこまででもいけます!

5本の指を全部使った、指遣いを考えるには、以下の記事もご覧ください↓

 

左手は、コード

左手は、楽譜に記載されているコードを使います。

 

まずは、コードの確認

  • 書き出すのが、おすすめです。
  • コードのアルファベットが表すドレミを調べる。(これも、書き出して下さい)
  • 根音だけで演奏(曲に合わせて演奏)
  • 全音符・4分音符・2分音符などの演奏で弾いてみる

根音についての記事はこちら↓

アルファベットが表すドレミの表はこちら↓

音の読み方

音の読み方

 

4拍子・3拍子などのアレンジに関する記事はこちら↓

次は、両手でコード奏をします。

弾き歌いも出来ます。

両手ともに伴奏

両手ともにコードのほうがなお一層、カンタンに弾けます。

メロディ部分は、歌ってくださいね〜。

まずは、左手

和音は、基本形と言われる和音が元になっています、

左手は、基本形の音の一番下の音を弾きます。根音といいます。

  • Cの場合は、ド
  • Fの場合は、ファ
  • Gの場合は、ソ

の音になります。

次は、右手

右手の和音は、

  • 基本形の形をそのまま弾く
  • 和音の中から、1ないし3個を押さえて弾く
  • 転回形で弾く

基本形というのは、きれいに和音が並んだ形です。
記事はこちら↓

この基本形の他に、転回系という和音があります。

和音の画像

和音の画像

右手は、和音の中の音から弾けばよいのですが、

  • 基本形
  • なるべく近くの音へ移動する弾き方

このいずれかで弾くのを、おすすめします。

この弾き方だと、少し弾き方が楽です。

まとめ

お家に鍵盤楽器がある家は多いですよね。

せっかく買ったんですから、活かしましょう!

今日書いた方法だと、気軽に取り組んで頂けます。

お試しくださいね。

今日もお読みくださって、ありがとうございました

 

 

 

大人のピアノ初心者さんへお役立ち!無料メルマガ

ご登録の方へ
無料PDFをプレゼント

無料メルマガ画像

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴオンラインピアノ教室 , 2021 All Rights Reserved.