かんたん!コード弾き/演奏フォームは大切!

音楽の演奏に必要な音階(スケール)の持つ特徴を、お洋服の色で解説してみました。

WRITER
 
ワンピースの画像
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴオンラインピアノ教室、いのうえちづよです。

音楽には、その曲を作っている音のまとまりがあります。
用語で言うと音階(スケール)と言います。

ハ長調の音階

ハ長調の音階

ハ長調の曲は、ド(ハ)から始まっている7個の音のまとまりで出来ているというわけです。
ドからドまで入れると8個になりますね。

曲は、このようにそれぞれ異なる調で出来ています。

そして、この音階は、それぞれの調で独特な雰囲気が、あります。

今日は、このお話です。

音階(スケール)の感じを、お洋服のお色で解説

レッスンでは、最初、少し簡単めな楽譜にしたい時、

例えば

ニ長調を、ハ長調に移調、移す

という事があります。

移調については、こちらの記事をご覧ください。↓

 

ニ長調は、ファ・ドの音に、シャープの調号が付く調です。

ハ長調は、調号無しの調ですね。

このように移調すると、曲の感じが、ガラッと変わることがあります。

同じ曲でも調が変わると感じが変わる

例えば、このワンピースに例えると、同じデザインのものなんですけど、でも、色が違いますよね。

青いワンピース

青いワンピース

ピンクのワンピース

ピンクのワンピース

 

色が変わると、着ていく場所や時間が変わるだろうし、何よりお洋服の感じが変わりますよね。

 

音楽もそうです。

Aという曲は、ニ長調だったとします。
それを、ハ長調に変えると、感じが変わります。

全く同じ曲なのに、調が変わっただけで、雰囲気が変わるんです。

音の持つ、響きというか、ニュアンスが変わるんですね。

最初は、譜読みがし易いという事で、ハ長調に移調したりします。

ですが、本来の調は作曲した方が、
『この曲にはこの調が合う』
と思って作っているんです。

なので、簡単と言われているハ長調だけ演奏せずに、その曲の元々の調も、演奏してみて欲しいなと思っています。

私のギターを弾く友達は、素人なのですが、ハ長調の曲よりト長調の曲の雰囲気が好きって言いますね。
気持ちに合うから・・・と言います。

私は、ギターはわからないんですけど、楽譜については一緒ですから、なるほどそういうものなのね〜

と思うんですね。

 

また、生徒さんの中には、ハ長調への移調は、あまり好きではなくて、原調でもなくて、変ロ長調が好きって方がいます。

元々の調より難しくなってしまったりして、心配する事もありますが、同じ調を弾き続けていると結局は、調に抵抗がなくなるので、難易度は、下がるみたいですね〜。

まとめ

ハ長調でよく言われる事は、少し野暮ったい感じとか言われたりします。

ト長調は、洗練した感じ、若しくは、明るい感じなどと言うようです。

感じ方は、人それぞれなので、もちろん違う意見もあって当たり前。

いろいろな調の響きを感じ取って、音に行かせていけるといいなあと思います。
実際に、調で、凄く曲の感じが変わりますよ~。

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

 

 

大人のピアノ学習者さんを応援するための

無料メルマガ

無料メルマガ画像

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 大人初心者さんの為のピアノ教室 , 2016 All Rights Reserved.