大人の初心者向けのオンラインピアノ教室です。教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

譜読みが苦手でも大丈夫!保育士・幼稚園の先生必見!オンラインでコードを使った童謡のピアノレッスン!

手首を制するものは、演奏も制す!

Chizuyo Inoue
WRITER
 
指揮棒
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
オンライン専門ピアノ教室講師・指導歴約20年・今まで2000人以上の生徒達と関わる・譜読みの苦手な学校の先生・保育士さん向けオンラインによるコード奏のレッスン・生きる力を育むレッスンが教室理念❤️趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴ オンラインピアノ教室、いのうえちづよです。

寒くなると、手がいつまでも暖まらずにガチガチなので、弾き間違い音はずしの多い事、多い事。

これって、やっぱり、鍵盤の幅を指が覚えていて、寒いと指が鍵盤のいつもの幅に広がらないのです。

スポーツのようにピアノも準備体操が必要で、ストレッチなどもしてから演奏に臨むのですが、これもなかなか効果が出ないようです。

さて、今日は小ばなしです。

音短では、指揮法というのを習ったのですが、最初はみんな指揮なんて出来ませんから、結構、面白い指揮をしていました。

もちろん私も(^^;)

 

演奏側に回ってみていると、見にくい指揮、見やすい指揮というのがあるんですよ。

 

見にくい指揮は、動きが一定の指揮です。

例えば、振り子のように、ちゃんと折り返し地点があって、そして点から点までの動きに勢いがある事が良い指揮ですが、これがない指揮に合わせると音がバラバラになるんです。

みんなそれぞれ折り返し地点を決めちゃっているからですね。

 

さらに、正しい棒の振り方というのは、小刻みに降るにしても、大きく降るにしても、手首の動きというのが大切なんだと学びました。

 

この事を踏まえると、弦の動きもそうなんですよね。

副科では、バイオリンを専攻していたんです。

バイオリンなどの弦楽器の弓を動かす時は、手首が滑らかに動く方は、演奏が流れるようで、とても音楽的でした。

 

実は、ピアノの演奏も一緒で、手首ががちがちだとピアノの音もたどたどしく聴こえるんです。

音も硬いです。

 

これって、手首を使う楽器の演奏に通ずるものなのかなと思います。

手首を制する者は、演奏も制す

なんてことを思ったりしました。

 

レッスンでは、お化けお化け~の手ですよとお伝えしていますが、お化けの手も手首が柔らかくないと意味がありません。

柔らかい手首になるようにおいでおいでの練習は効果的です。

 

今日は、指揮法を学んだ時の、手首の柔らかさの必要性について書いてみました。

 

 

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

 

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
オンライン専門ピアノ教室講師・指導歴約20年・今まで2000人以上の生徒達と関わる・譜読みの苦手な学校の先生・保育士さん向けオンラインによるコード奏のレッスン・生きる力を育むレッスンが教室理念❤️趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2015 All Rights Reserved.