かんたん!コード弾き/演奏フォームは大切!

【独学講座】鍵盤とペダルを学ぼう。人気のグリッサンドの弾き方も解説します。

WRITER
 
グリッサンド
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴオンラインピアノ教室、いのうえちづよです。

ピアノの鍵盤って、88個あるんでしょう?真ん中あたりしか使わないのに、両サイドの鍵盤は、殆ど見ていないよ。

さくらさん

今日は、このお話です。

鍵盤の数は88鍵。最初で把握しよう。

ピアノの鍵盤数って、88鍵ありますね。

演奏中は、この全部の場所を把握していますか。
これを全部把握するのって目がチラチラしますね~。ですが、最初で、把握しておいた方がいいです。

方法としては、さわりまくる・・です。

真ん中のポジション

鍵盤の真ん中の第1ポジションと呼んでいる場所があります。
だいたい楽器のロゴが入っている付近です。

音でいうと、ト音記号のド1点ハの音の場所です。ここ↓

ドの音・1点ハの音

ドの音・1点ハの音

 

最初は、たくさんの音を使わないので、若しくは、楽譜を使わないので、本来なら、【この付近の音だけ、指10本で弾けるといいかな~】という感じなのですが、全部の鍵盤の音を鳴らして、音の確認します。

1番遠くから、不協和音になりますが、鳴らします。
じゃらーん♪

 

 

次は、腕も使って、バーン。

 


次に、みなさんお好きなグリッサンドで。

基本、降りてくる時は、親指です。
押し付けると痛いので、表面を優しく撫でるような感じで、指を滑らします。

 


上がっていく時は、

人差し指・中指・薬指・小指の爪で、
手のひらを上に向けて演奏します。

 

鍵盤は、弾いてみないと、または、弾くぐらいの曲を演奏することによって、身近に感じると思います。

たくさん触ってみて、ピアノの鍵盤に慣れて下さい。

次は、ペダルにも触れましょう。

絶対にお世話になりますから。
最初は、右のペダルだけでいいです。

ペダルを使うことによって、音に響きが出てくるので、音楽の幅がとても広がります。

初心者の方もぜひ使って欲しいです

ペダルは耳でつける

ペダルを付けると、音の響きが豊かになりますよ。

ペダルの踏み方は、こちらの記事に書きました。こちらからどうぞ↓

ただし、全部の楽譜にペダルが付けられているわけでは有りません。

楽譜に書かれていない場合は、どうしたらいいの?

さくらさん

具体的な付け方は、上の記事に書いていますが、この事が、絶対的なことでは有りません。

ペダルは音を聴いて、ペダルを踏んだときの響きを聴いて、つけます。

最も、音をよく聴く事が大切なんです。

 

注意すること

ご自分の楽器ではありますが、なるべくなら裸足じゃないほうが良いですね。

錆びちゃったり、曇りの原因になります。

それと、アップライトのペダルは、右側に引っ掛けるところがありますよね。

練習終了後は、必ずもとに戻しておいてくださいね。

 

まとめ

鍵盤は、88鍵をおすすめします。
そして、しっかりと全部の鍵盤を把握して下さい。

ペダルの付け方も掴みましょう。

ある程度弾けるようになってから・・ではなくて、最初からしましょう。

そうすることによって、音をよく聴く癖がつくし、演奏の幅が広がります。

 

 

大人のピアノ学習者さんを応援するための

無料メルマガ

無料メルマガ画像

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 大人初心者さんの為のピアノ教室 , 2016 All Rights Reserved.