ぴぴピアノ教室【大人のピアノ教室】 // オンライン // メルマガ // コミュニティ

ピアノのコトなら、何でも相談『ピアなら相談室』はこちらから!

指の中で、1番動かしにくいと感じる薬指。対策についてもお伝えします。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴピアノ教室【大人初めてピアノ教室】いのうえちづよです。

私、薬指がとっても動かしにくくて、ピアノが弾きにくいんです。

さくらさん

今日はこういうお悩みを頂いたので、それについて書いてみますね。

指の中で、1番動かしにくいと感じる薬指。対策についてもお伝えします。

指の中で、1番動かしにくい指ってどの指ですか?
上のお悩みの方と一緒で、私も、薬指なんです。

お悩みの中でも薬指が動かないというお悩みをよく伺いますね。

実は、薬指って、中指と一緒に動くように出来ているらしいんです。
ピアノを弾く場合は、この薬指を別々に動かさないといけません。
大変なのがよくわかりますね~。

この薬指を動かすには、少しコツがあります。

薬指は、中指と動かすイメージ

薬指が単独で動かせない場合、以下のことに注意してみてください。

  • ストレッチ
  • 少し手首を高く構えてみる
  • 手全体を薬指側に傾けてみる

順番に解説してみます。

ストレッチ

ストレッチは、やはり効果があります。
練習前に、1・2回でいいので、指を手の甲の方へ、ぎゅぎゅっと押さえてみましょう。

やりすぎは禁物ですが、これを続けると、子供の頃の体育の授業で、やっていた開脚のようにかなり指が柔らかくなります。

 

少し手首を高く構えてみる

手首の位置が低いと、打鍵の時に指を手の甲の方へ、高く上げる必要が出てきますから、やはり手首は少し高めに構えましょう。

また、中指をなるべく薬指のそばで、待機させる方が良いです。
もともと、一緒に動くようにできている中指、あまり独立して動かしてしまうと、お互いに動かしにくいですね。

★練習方法

ガッツリ練習する必要はありませんが、感覚としてこんな感じです。

  1. 人差し指・中指&薬指の上下運動をする
  2. 段々と人差し指と薬指のみにする

★注意点

  • ・普段の手の高さが低い方は、少し高めに構える
  • ・指の付け根を意識してみましょう。

手全体を薬指側に傾けてみる

手は、基本的に鍵盤と並行が良いです。

演奏する手は、演奏方法によって、右に傾けたり・左に傾けたり出来ます。

今回の場合は、少しだけ、薬指の方へ傾けます。

痛みがあったりする時は、この傾ける事で、指をかばって演奏できるので、おすすめです。

 

痛みがある時は、使わないというのもありです

余談ですが、痛みがあったりする場合は、使わないとうのも有りです。

ありですが、また指遣いを考えないといけないので、それが少し大変になりますね。

教室の生徒さんの中には、そういう方もいます。
全く使わない指が有るという方です。

順番に音階を弾いてきて、その指だけ存在していないかのようにお使いになりません。
実は、その指、使いやすいであろう中指なのですが、その方は、長年あまり、普段使いとして、その指を使ってこなかったとおっしゃるんです。
これを使うようにするのは大変だと思いますね。

しばらくの間は、使わない時と使う時と両方提示させて頂こうと思います。
どちらかに偏ってしまうと、ストレスてんこ盛りになっちゃいますから。

まとめ

大人の方の場合は、子どもさんの場合と違って、別のお悩みも出てきたりしますが、少しずつ解消されるといいと思います。
早く早く…
と思っちゃうと思いますが、思わなければ、練習過程も楽しく出来ると思っています
今日もお読みくださってありがとうございました。

 

無料メルマガ画像

無料メルマガ特典

]

ピアノ初めてさんの一人でピアノ練習を応援する
無料
メルマガ

  • ・独学でピアノの練習を頑張っていらっしゃる方
  • ・もっと素敵にピアノを弾きたい方
  • ・ピアノ演奏が上達したい方

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ピアノを通じて明るく楽しい人生をお手伝い , 2016 All Rights Reserved.