かごしま市たまざと団地。初心者さん大歓迎!独学ノウハウもあるよ

ブライダルミッション!とっておきの一曲を大切なあの方へ

アップライトピアノの消音ペダル、練習終了後は解放してね。

Chizuyo Inoue
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

アップライトピアノ真ん中のペダル、音を弱くするペダルですね。

(マフラーペダルといいます。小さい頃は、そのまま弱音ペダルと言っていました。)

グランドピアノ真ん中は、ソステヌートペダルと言って、指定された音だけが響きを持たせる事が出来る
というペダルです。

 

響くようになるペダルというと、右側のダンパーペダルを思いますが、ダンパーペダルは、そのペダルを踏むと、踏んだ後は、全ての音が響くようになるというペダルです。

ソステヌートペダルの方は、例えば、ド・ミ・ソの音を弾いてペダルを踏んだまま、その音から手を放して
他の音へ進んだとしても最初弾いたド・ミ・ソだけが響いている…という不思議ペダルです。

面白いペダルですよね。
普段は、あんまり使わないですよね。

グランドピアノの最初の頃は、この機能が無かったらしく、ペダルは、2つの物が殆どだったみたいです。

今は、3本つも装備されているものが多いですね。

アップライトピアノも高価なものになるとこのペダルが装備されているものがあるんだそうですよ~。

皆さん、憧れのグランドピアノですが、アップライトもいいでしょう?( *´艸`)

 

マフラーペダル

さて、今日は、アップライトピアノのマフラーペダル(消音ペダル)についてなのです。
このペダルは、注意して頂きたい事があります。

アップライトピアノは、真ん中のペダルを踏むと音が小さくなるようになっていますよね。

楽器によっては、2つのペダルなので、左側のペダルです。

夜間や音が気になる時は、このペダルを使って練習される事が多いですよね。

 

演奏時にももちろん使いますよ。

自分が演奏出来る限りの小さい音を、もっと小さくしたい時もこのペダルを踏みます。

このペダル、練習が終わった後は、どうされていますか?

ほとんどのピアノのこのペダル、踏んで左側に動かして、ロックをかけられるようになっていますね。

この動作をすると踏んでいなくても音はずっと小さいままです。

 

ちょっとした演奏に使う場合は、ロックをかけたらだめですよね。

ですが、長く練習する場合に使う時は、ロックをかけると思います。

 

このロックをかけた後は、練習が終わったら、忘れずに元の位置に戻しましょう。

ばねが伸びてしまったり、中の音を消す道具が悪くなったり、弦に接する部分が錆びたりします。

 

実は、私はやってしまったんです。
ず~と踏みっぱなしの状態で放置・・・結果、ばねが伸びきってしまって、更にその位置で錆びついてしまいました。
子どもの頃ですが、調律師の先生に怒られました。

 

アップライトピアノとグランドピアノ。

それぞれのペダルは、少し目的が違うので、それぞれ、生かせるといいですよね。

 

まとめ

アップライトピアノの消音機能が付いたペダル、ロックしておけるようになっているピアノの方は、練習後は、必ず開放しましょう、というお話でした。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴピアノ教室【大人のピアノ教室】 , 2019 All Rights Reserved.