大人向けピアノブログ

グランドピアノやアップライトピアノでfを弾くためには、押さえつけてもダメなんです。

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
鹿児島県姶良市で『ぴぴピアノ教室』大人のピアノ教室・子どものピアノ教室を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

生ピアノと言われる、アップライトピアノやグランドピアノ、一般にピアノの鍵盤は、勢いをつけて弾きます。

強く叩くのではありません。

Pもfも勢いがないとすかっ として音が鳴らないです。

勢いとはどういう事なんだろう

例えば、太鼓をたたく時、ゆっくりゆっくりスローモーションでバチで皮の面を叩いても音が鳴りません。

1センチでもいいので高さをつけて振り下ろすと音が鳴ります。

この場合は、小さな音です。

大きな音を出したい時は、1センチのところをもう少し高い位置に構えます。

高さによって音の大きさが変わります。

 

大きな音を出すためには

fを出すためには、太鼓をたたくように、一つ一つの音を指を振り上げて叩くの?と言いたくなりますが、そんなことをしていたら、指も疲れてしまうし、演奏上も無理がありますよね。

そうではなくて、一般に同じ高さから、勢いをつけて弾く事によって音の演奏が出来ます。

鍵盤を弾いたのち押さえつけるのではないです。

この強く打鍵するというのは、どういうことかというと高い位置から振り下ろしてできる力を一瞬のうちに指で作り出すという事が必要になるんです。

指を一本一本高く上げて振り下ろしていたのでは、横幅僅かの鍵盤を弾くのは難しいですし、音がつながるように演奏するのはとても難しいですよね。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
鹿児島県姶良市で『ぴぴピアノ教室』大人のピアノ教室・子どものピアノ教室を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です