大人の初心者向けのオンラインピアノ教室です。教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

譜読みが苦手でも大丈夫!保育士・幼稚園の先生必見!オンラインでコードを使った童謡のピアノレッスン!

指遣いは決めないと同じところをミスするんです。

Chizuyo Inoue
WRITER
 
指遣いの番号
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
オンライン専門ピアノ教室講師・指導歴約20年・今まで2000人以上の生徒達と関わる・譜読みの苦手な学校の先生・保育士さん向けオンラインによるコード奏のレッスン・生きる力を育むレッスンが教室理念❤️趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴ オンラインピアノ教室、いのうえちづよです。

指遣いについては、ここでも本当によく書いていますが、しっかりと決めて弾かないとその部分をよく間違うようになってしまいます。

今日は、指遣いを決める必要について書きます。

指遣いは守るべき?

ある生徒さんが指使いと言うのは、しっかりと決めないと同じ所を間違うものなんですねえとおっしゃったんです。

 

本当にその通りで、指遣いというのは決めないと、弾くたび変えていると、やっぱり間違うようになってしまうんです。

 

指遣い=運指とも言います。

この指遣い、1回1回違う指遣いで、一か八かで弾けたとしても、指が覚えられないので、何回も間違うようになってしまいます。

 

指が覚えないとはどういうことかというと、音楽を奏でてはいるんですけど、1回1回音の名前を復唱しているうちは、暗譜に結びつきません。

 

また、すらすら演奏する事はできませんから、それができるようになるまで練習します。

その練習する事で、指が指遣いを覚えていって、暗譜ができたりするわけです。

 

もちろんメロディ自体も頭が記憶していきます。

 

ここで、1回1回指遣いを変えていたら、若しくは、決めていなかったら、都度、音を復唱する必要が出てきます。

素晴らしい記憶の持ち主の方は、弾く音の場所旋律を覚えることができると思うので、都度指遣いを変えても大丈夫かもしれません。

普通の方は、やはり練習によって、を、メロディを、弾く場所を、覚えていくと思うので、指遣いをしっかりと決めて弾く必要があります。

 

 

指遣いは、すらすら弾くための必須の条件です。

暗譜にも挑戦できます。

 

楽譜の指遣いがどうしてもできない場合は?

楽譜に書いてある指遣いがどうしてもできない場合は、一生懸命、必死で考えて、1回だけ変えてもいいとお伝えしています。

他の記事でも書いています。

なぜなら、指は一人一人違うからです。

体つきが違うように、手つきも一人一人違うからです。

 

でもでも、1回だけですよ。

まとめ

指遣いについては、レッスンでも繰り返しお伝えしていますが、納得出来ないと守るのは難しいですよね。

私もそうなので、そのおっしゃった生徒さんが、身に染みたと仰ったので、嬉しかったです。
だからと言って、直ぐに上達する訳ではありませんが、わかってするのとわからずにするのとでは上達の度合いが違いますから、納得されたようでよかったです。

今日もお読みくださってありがとうございました。

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

 

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
オンライン専門ピアノ教室講師・指導歴約20年・今まで2000人以上の生徒達と関わる・譜読みの苦手な学校の先生・保育士さん向けオンラインによるコード奏のレッスン・生きる力を育むレッスンが教室理念❤️趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.