大人の初心者向けのオンラインピアノ教室です。教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

譜読みが苦手でも大丈夫!保育士・幼稚園の先生必見!オンラインでコードを使った童謡のピアノレッスン!

速度をあげる為には、【練習】プラス【思い切り】。

Chizuyo Inoue
WRITER
 
アラベスクの画像
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
オンライン専門ピアノ教室講師・指導歴約20年・今まで2000人以上の生徒達と関わる・譜読みの苦手な学校の先生・保育士さん向けオンラインによるコード奏のレッスン・生きる力を育むレッスンが教室理念❤️趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴ オンラインピアノ教室、いのうえちづよです。

>曲の速度を上げる練習に入ったら、練習+思い切りも必要。

>どういうことか。

今日はこの事について書きますね。

速さを上げるには

このブログでは、演奏フォームが大切とお伝えしています。

速さを上げるには、まずは、手の打鍵の方向と力の向きが大切です。

力の向かう方向

力の向かう方向

その事が出来るようになったら、速さを上げましょう。

 

 

早い速度で弾くには、基本の演奏フォームが出来るようになったら、一生懸命練習しますよね。

この時、1つ1つの音をしっかりと打鍵すると重い感じになってしまうんです。

 

指先に両面テープがくっついていて、打鍵するごとに、

ぺた

とくっついて、持ち上げる時少し抵抗がある弾き方です。

聴いている方も【おも~】って感じになります。

ねば~、おも~

て感じです(^^;)

以前、跳躍している音を弾く時は、例えば、アラベスクの最後の部分みたいな音の時は、

アラベスクの画像

アラベスクの画像

打鍵して、最後に和音を弾く時、少し早めに移動して、落ち着いて打鍵、とお伝えしていました。

例えばステージ上の演技で、

1幕と2幕の間が、5秒しかなくて

1幕でご挨拶をした後、左側から出て、ステージの後ろ(又は奈落)を走りぬけて、

2幕では、右から登場!

なんて時と一緒

と以前、お話させて頂きました。

演奏中は、リズムに乗って打鍵しますが、場所移動の時は、ちょっと早めに移動して、落ち着いて準備して、リズムにのって打鍵するという方法がいいです。

この場合は、腕移動を早くしてみるという方法です。

腕を先へ先へ、気持ち早めに、手よりも早く動かします。

この場合は、音は指任せになるので、練習+思い切りが必要になりますよね。

後から、腕が動いているなあという演奏は、やっぱり重くなっていくので、練習で、音をつかむという手の形が出来たら、少し思い切って、動かして行きましょう。

その際は、腕の方を心持ち速めに動かしてみるですね。

演奏自体が早くならないように気を付けてくださいね。

慌てた感じになったらダメです。

次は、音をつかみに行くという場合もあります。
でもやっぱり理屈的には一緒なのかと思っています。

打鍵後、次の音めがけて、腕を、指を動かします。

この場合は、次の打鍵の場所が、目視で来ていると、なおいいのかなと考えます。

打鍵後、次の音を目で見ながら、指は、和音をかたどって、その音めがけて移動しますよ。

まとめ

速度を上げる時は、演奏フォームが出来てきたら、練習しますが、練習に入ったら、思い切って動く事も大切です。

何基あも練習して、いい感じの弾き方を見つけてくださいね。

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

 

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
オンライン専門ピアノ教室講師・指導歴約20年・今まで2000人以上の生徒達と関わる・譜読みの苦手な学校の先生・保育士さん向けオンラインによるコード奏のレッスン・生きる力を育むレッスンが教室理念❤️趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2015 All Rights Reserved.