大人の初心者向けのオンラインピアノ教室です。教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

譜読みが苦手でも大丈夫!保育士・幼稚園の先生必見!オンラインでコードを使った童謡のピアノレッスン!

和音の弾き方のポイントは、打鍵している指の感覚をつかんで、力の向きも確認する。

Chizuyo Inoue
WRITER
 
ピアノの演奏
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
オンライン専門ピアノ教室講師・指導歴約20年・今まで2000人以上の生徒達と関わる・譜読みの苦手な学校の先生・保育士さん向けオンラインによるコード奏のレッスン・生きる力を育むレッスンが教室理念❤️趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴ オンラインピアノ教室、いのうえちづよです。

 

今日は、皆さんが苦手と仰る和音に焦点を当ててみます。

 

指の力加減を感じ取る

和音というのは、2つ以上の音で出来ていましたね。

指1本に意識を集中して演奏する(音を出す)のは、なんとか出来ても、
数本の指に均等に力を込めて演奏するのは、力の入れ具合が、分かりにくいです。

 

やっぱりこんな時は、確認するのが1番です。

 

1番目の確認方法

1.前以て鍵盤を押さえたままの、力の加減を感じ取る。

どの指を使っているか。どんな感じで力を入れているか。
ちょっとの時間で確認作業は、終わりますから、とにかくやってみましょう。

 

2番目の方法

2.机の上で、和音に使う指で、体を支えます。

立ったままでいいので、実際に使う指で体を支えて、力の入れ方を感じ取ります。

例、1の指と3の指と5の指で押さえているな。こんな感覚だな、って感じでつかみます。

 

力の入れ方がわかったら、いよいよ鍵盤で打鍵です。

 

鍵盤で弾いてみよう!

 

いよいよ鍵盤で弾きます!

力の入れ方を思い出してみましょう。

方向も確認です。

 

手全体を使って、手を下に押さえつける様に打鍵していた方は、先ほどの様子を思い出して、指先の方へ、力の向きを変えましょう。

力の向かう方向

力の向かう方向

 

同時に、2つ以上のその時弾こうと思っている和音を、押えます。

和音を押さえているすべての指に力が行き渡っているかどうか

手首の方では無くて、指先に向かって力の移動ができているかどうか。

この確認後は、生徒さんも全員、きれいに弾けていました。

和音で苦労している方は、見直してみてね。

 

まとめ

和音は、最低でも2本以上の指で押さえますから、少し弾きずらい場合がありますね。

ですが、押さえる時の力の向きを考えるだけで、直ぐに押さえられる様になります。

生徒さん達からも弾きやすくなったってびっくりされます。

皆さんもお試しくださいね。

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

 

 

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

 

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
オンライン専門ピアノ教室講師・指導歴約20年・今まで2000人以上の生徒達と関わる・譜読みの苦手な学校の先生・保育士さん向けオンラインによるコード奏のレッスン・生きる力を育むレッスンが教室理念❤️趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.